【クリーンエクスプレス】UVフロアコートEcoの特徴

クリーンエクスプレス
7
【クリーンエクスプレス】UVフロアコートEcoの特徴 5点満点中 3.5

POINT

クリーンエクスプレスは関東や関西を中心にフロアコーティングを行っている会社で、UVフロアコートEcoはクッション性の高いフローリング材や床暖房などにも対応しているコーティング材となります。UVフロアコートEcoはスチールウールたわしの耐傷性テストに合格した、UVフロアコーティングでは初となる商品であり、改良された特殊保護膜で床の保護を行っています。

テストに合格しているため、スチールウールで削っても傷が付きにくく、耐久性に非常に優れているのが特徴です。また、汚れが付いても耐水性と耐薬品性であるため、水拭きが行えることも特徴です。フローリングの長期間の保護が可能で、最長で30年の保証が付くのも特徴です。

きれいかつ、素早く終わらせることができる

グリーンエクスプレスのUVフロアコートEcoの強みは、特殊な自走式の機械による硬化で、ムラなく綺麗にコーティングすることができる所です。光重合硬化という技術により照射不足を回避し、硬化ムラを防ぎます。照射機を使用して硬化させるため、施工作業が短時間で済むことも利点。自然乾燥のコーティングでは硬化に時間が掛かりますが、UVコーティングはでは紫外線による硬化なので、即日入居も可能で、スケジュール調節が行いやすく、引っ越し後も計画的にコーティングが行えるのも特徴です。

ベースコートとトップコートの2層塗りで、スチールウールたわしの耐傷性テストにも合格した耐久性もあり、美しい仕上がりでFフォースター取得の安心感があるのも特徴です。

費用が高く、部屋の狭さによっては時間がかかることも

高性能で長年保護の効果が発揮されるUVフロアコートEcoですが、それ故に値段の高さが懸念されます。UVコーティングは特殊な機材を使用して硬化するため、液剤も特殊なものになります。そのため、数あるフロアコーティングの中で最も高額となってしまい、こういった部分が弱みとして挙げられてしまいます。機材もトイレなどの狭い空間では自走式のものが使用できず、小型の照射機を使用することになり、時間が少しかかることもあります。

コーティングの中でも硬質で床の保護に有効ですが、それ故に元々あるフローリングの材質が損なわれることがあります。また、UVのフロアコーティングは剥離ができないため、万が一の際にコーティングをやめなければならないといった状況になった時、フローリングの取り替えから行わなければなりません。

早く施工できるが、注意点も知っておこう

特殊な自走式の照射機を使用するクリーンエクスプレスのUVフロアコートEcoは、自然乾燥と違いスピーディにコーティングできることが利点。範囲にもよりますが、6時間から1日で硬化できるため、即日入居できることで評価も高いです。数あるフロアコーティングの中でも随一の硬度を持っており、Fフォースターも取得しているため安全面においても評価が高いです。

しかし、紫外線で硬化するという特殊なコーティング方法であるため、他のフロアコーティングよりも値段の高さが目立ちます。随一の強度がありますが、それ故に元々のフローリングの木の材質が若干損なわれることがあるのも難点です。また、UVコーティングでは剥離ができないため、コーティングを止める場合にフローリングを取り替えなければならないことも念頭に入れておく必要があります。メリットも大きいですが、値段や万が一のことなどを考えると評価の星は3.5程が妥当となるでしょう。

クリーンエクスプレス「UVフロアコートEco」の価格と保証年数

価格:180,000円/30㎡
保証年数:30年

TOPへ戻る