フロアコーティング種類と効果

傷や汚れを押さえ、床の美しさを保つために施すフロアコーティングにはいくつか種類があります。それぞれ特徴があり、もたらしてくれる効果も違います。共通の効果も多いため、その違いを知っておくと、新築やリフォームの際にも大いに役立ちます。

当然どのフロアコーティングにも、安全性の高さなどのメリットやデメリットもあり、自身に合ったコーティングをしっかり確認してみましょう。

ガラスコーティングとは何か?またその効果は?

ガラスコーティングとは特殊な技術を用いて、床に、強固なガラス膜を施すものです。無機質な液体ガラスが原料であるため、安全性が高いことが特徴です。そのため、床を舐めてしまうような小さい子供やペットのいる家庭には特にオススメとされています。

ガラスコーティングは、フロアコーティングの中で硬度が最も高いとされており、耐久性が20年以上と非常に長いことも特徴。水や溶剤、洗剤に対する耐性も非常に高く、水拭きや洗剤で楽に掃除を行うことができるのです。

ガラスコーティングは、順応性も高く、膨張や伸縮にも対応できる優秀な塗料ですが、乾く時間が2日から3日と、少々時間が掛かってしまいます。ガラスであるため滑ることもあります。また、とても強い衝撃を与えるとひび割れすることもあるので、その点において注意しなければなりません。

UVコーティングとは何か?またその効果は?

UVコーティングとは数あるコーティングの種類の中でも高品質を誇り、光沢が強く、高級感あふれる仕上がりが特徴。ウレタン樹脂に紫外線を当てることで硬化し、床をコーティングします。瞬間的に硬化するため、乾く時間を待たずにコーティングでき、塗り直しも可能なので、細かな直しもすぐに行えるのが魅力であります。

耐久性と安全性も非常に高く、その効果は20年程持続すると言われています。その長い耐久期間と保護性能を持ち合わせているUVコーティングですが、価格が高いのが欠点です。

これは、ウレタン樹脂を硬化させるのに特殊な機材と高い技術が必要になるため、他のフロアコーティングよりも価格が高く、手を出しづらいのが難点ではありますが、それ以上の効果をもたらしてくれるので非常に評価が高いコーティング施工となっています。

シリコンコーティングとは何か?またその効果は?

アクリル樹脂とシリコン樹脂を混ぜ合わせたコーティング剤を使用するのがシリコンコーティング。硬度が高かったり、薬品に対する耐性も強く、基本的な性能が高いのが特徴です。

アンモニア性にも耐性があるため、キッチンや洗面所のコーティングにもよく用いられ、フローリング以外でも活躍できるのも強みと言えるでしょう。

ただ、耐久性が若干弱く、長く住む予定の家にはあまりオススメできません。また、完全乾燥するのに最大で一ヶ月かかることと、塗り直しが難しいことがデメリットとして挙げられます。

しかし、その反面、床暖房に対応しているタイプや、UVカット仕様など種類が多い事が利点であります。その住居に住む期間が短い方にはこちらのコーティングがオススメとされています。

TOPへ戻る