フロアコーティングのメリットとデメリットを解説

美しい床の状態を保つためにはフロアコーティングが効果的ではありますが、当然メリットだけでなくデメリット部分もあります。コーティングを施すことによって傷への予防ができますが、万全なものではなく、施すことで起こる事柄や金銭面の問題なども多くあります。

メリットとデメリットを比較することで、自身にとってプラスになるコーティングを選ぶことができます。しっかり解説を見て確認していきましょう。

人気のフロアコーティングとは?

いくつか種類があるフロアコーティングですが、その中で人気が高いものはUVコーティングと呼ばれるものになります。ランキングサイトを見ても、上位を占めるのはほとんどがUVコーティングであり、その人気の高さがうかがえます。

UVコーティングは特殊な樹脂を紫外線を照射することで床にコーティングを施す方法であり、瞬時にコーティングできることと20年以上、ものによっては30年以上という長い耐久年数が人気の理由。その他のコーティング方法の中でもガラスコーティングもUVに次いで評価が高いものとなっています。最先端の技術を用いてコーティングし、膨張や収縮に強く、安全性も高く、酸化の影響を受けづらいことも特徴です。

その他にもコーティング方法には種類があり、それぞれ性能が変わってくるのです。

フロアコーティングのメリット

フロアコーティングのメリットは傷や汚れを防ぐこと。新築時に施すことによって、床の美しさを当時と変わらない状態で保つことができます。コーティングすることで水や洗剤に強くなるため、汚れてもすぐに拭き取ることができ、掃除が楽になります。

傷にも強く、家具などを移動させた時にも擦り傷が付きにくくなるのがコーティング施工の特徴です。小さい子供やペットが付けてしまう傷にも強く、また、ツヤがあるためコーティングすることで部屋全体が明るくなることもメリットの一つ。

紫外線を反射するため、床の色褪せも防ぐことができます。耐久年数が5年から30年以上長く続くため、一度塗るとワックスのように定期的に塗り直す必要もなくなります。

フロアコーティングのデメリット

メリット面ばかりではなく、フロアコーティングにはデメリット面もいくつかあります。

まず、前準備として、家具などを動かす必要があることです。新築の場合は、家具などを入れる前に、フロアコーティングを行えばよいのですが、
ある程度住んでからフロアコーティングをするとなると、移動が大変です。業者によっては家具の移動を含めて行ってくれるところもありますので、事前に確認してみてください。

次に、費用面。新築を建てた最終段階で数十万かかる床のコーティング費用を出すのは気が引ける方もいるかも知れません。どうしても費用を抑えたいのであれば、ウレタンコーティングなど比較的安価なコーティングにしてみてください。

また、耐久性がコーティングによって向上したとしても、傷が付きにくいと言うだけで、傷が全く付かないというわけではありません。

さらに、一度コーディングをすると取り除くことが難しくなります。

このように、フロアコーティングは施工技術を要する作業のため、だからこそ、実績と保障がある業者を選ぶ必要があります。このサイトでは、
信頼できる業者をランキング形式で掲載していますので、上位のサイトを選んでみてはいかがでしょうか?

当サイトでフロアコーティング業者ランキング1位のグッドライフ

TOPへ戻る