無垢材を使用したフロアコーティングとは

天然木材は体にも自然にも良いって聞くけれど、一体何がどう良いの?毎日の手入れは一般のフローリングとどう違うの?そんな疑問を持っている人は少なくありません。木々の特徴を活かした天然木材のメリットはたくさんありますが、同時に天然だからこその短所もたくさん存在します。天然材に関する情報をまとめてみました。

無垢とはどういう素材か?

無垢材フローリングや家具が年々人気を集めていると言われる昨今。とは言っても、無垢材ってそもそも何?普通のフローリングと具体的に何が違うの?と疑問に思われている方も少なくないかもしれません。無垢材が持つ魅力や特徴、デメリット面を詳しくご紹介しましょう。

まず、フローリングは大きく2種類に分かれます。複合材と呼ばれるフローリングと、そして無垢材とも言われる天然木材。複合材が広く一般的に利用されているフローリングの事であり、これは、多層の合板を貼り合わせたたフローリング材を意味します。

一方天然材とは文字通り、混じり気の無い天然の木から作られたフローリング材を意味します。複合材のフローリングと比べると、木その物の質感を楽しめる上、年月を経る毎に色落ちや劣化していくフローリングと比べて、天然材は年を重ねる毎に外見が美しく変化していき、部屋のアンティーク性を求める上では複合フローリング材以上の魅力を放つと言われます。一口に天然材と言っても様々な種類が存在し、種類によって部屋の印象が大きく異なります。代表的な天然材を紹介すると、杉、バーチ(樺)、檜、チーク、等々。肌触りが良く、落ち着いた色みを持った杉は日本家屋に合うとされ、日本人が古くから慣れ親しんできた天然無垢材です。柔らかく温かみがある為、部屋の雰囲気も落ち着いたものとなるでしょう。バーチは木目がきめ細やかく、やや硬度の高い木材です。外観にクセが無く、部屋全体がナチュラルに仕上がるとされています。香り高く繊細な印象を与える高級材、檜。足触りも良く、硬度もやや高い為様々な部屋に対応が可能です。チークは杉や檜と比べるとあまり知られていませんが、深みのある落ち着いた色調と、美しい木目、更に非常に高い硬度を誇り、世界的にも高級木材として知られています。

無垢材を使ったフロアコーティングのメリット

安価なシート状のフローリングさえ存在するいま、高級な無垢材を使用するメリットって一体何!?そんな意見の人も多い筈。確かに複合材のフローリングと比較すると、天然材のフローリングは大変値段が高く、また手入れも大変であると言われます。

しかしそうしたデメリット以上に、天然の木材だからこそ持つ魅力がたくさん存在するのです。まず、単調な複合フローリングと比べ自然の木目が走る無垢材は、見た目が華やか。それだけでも部屋の印象に大きな変化を生む事が可能です。他とは違う、そんな住環境を造りたい人にとっては勿論ですが、カフェなどの雰囲気造りが重要視される空間においては、フローリング材の担う役割は非常に大きいと言えます。均一且つ単調な木目が走る複合材であれば出せない柔らかな雰囲気、足の裏に感じる弾力性に富んだ優しい肌触りは、天然ならではのもの。それだけでも大いに価値がありますが、更に、無垢材は調湿機能が備わっている事も重要。

夏になれば湿気を吸収し湿度を下げ、冬になって部屋が乾燥すれば水分を放出してくれる為に、夏は涼しく、冬は温かく過ごす事が可能。エアコンによる無理な温度調整は体にとっても非常に負担になりやすいですが、木材が温度調節を助けてくれるならば、体にも負担が掛からないばかりか、環境への配慮も出来ます。自然な香りを放ち、生活する上でリラックス効果を高めてくれるのもうれしい点と言えるでしょう。年月を経る毎に劣化してしまう複合材とは違い、使えば使い込むだけ味わい深い色みを出す天然材は、私たちの住環境を大いに意味深いものへと昇華させてくれる筈です。フローリング材選びで迷われている方は、是非天然無垢材フローリングも検討してみて下さい。

無垢材を使ったフロアコーティングのデメリット

優しい手触りと風合いが魅力的な天然材。最近では複合フローリングから天然材へはり替える人も多く、自然派志向がトレンドになっていると言えます。何かとメリット面ばかりが目立つ天然材ですが、一方でデメリットも存在します。調湿機能を備えた天然の木材は、水分を吸収または排出する事で収縮や膨張を繰り返し、それが原因となってひび割れや反りを起こしてしまいがちです。更に継目に隙間が生じてしまう事も。天然材であれば、多少の反りや割れは仕方がない事だと認識しておきましょう。

また、均一に加工された複合材とは違い、天然材は節や色合いが揃っていません。天然木特有の、色合いのばらついている仕上がりを見て、違和感を抱く人も少なくないようです。勘違いを起こさない為にも、予め仕上がりのサンプルを参考にしておき、イメージと齟齬しないようにしておきましょう。そして何より無垢材は毎日のお手入れが非常に大変。水分を吸収しやすく、反りやひび割れを起こす原因となる為、水拭きは厳禁です。基本的には乾拭きや掃除機を使用して掃除します。汚れが酷くてどうしても水拭きが必要な場合は、固く絞った雑巾で優しく拭きあげましょう。汚れが中々取れない場合は、中性洗剤をぬるま湯に溶かして拭きあげると良いでしょう。

天然木材は複合材以上に繊細で、キズやシミができやすいもの。床材を保護する為にも、是非ワックスやフロアコーティングを行って下さい。コーティングは種類によって耐年数が変わりますが、ワックスであれば大体一年に一回程度がおすすめです。以上のように、天然材ならばこその短所も多く存在します。天然だからいい、複合材だから悪いという事ではなく、大切なのは、どの床材が自分の住空間に最適であるかを考える事なのです。

まとめ

住空間に求める基準は人それぞれといえども、ほっと一息吐ける部屋は誰しもが求めるもの。天然材フローリングは、木々が包み込んでくれるような、そんな気分に浸れる有難いフローリング材です。特に近年では自然派ブームで、あらゆるスペースに天然木材が使用されています。けれど一方で、手入れが大変であったり、反りなどが生じてしまう無垢特有のデメリットも存在する事を忘れてはいけません。無垢材が持つメリットやデメリットをしっかり把握し、温かい住空間を造ってみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る