フロアコーティング後に傷ついた床は補修できる?

いつまでも新築のようなフローリングで過ごしたいと思う人は多いと思います。しかし、家族構成が変化し家具の数が増えれば傷も入るしフローリングも時間とともに劣化していきます。それを緩やかにしてくれるのがフロアコーティングです。コーティングすることで傷がつきにくくなり、日ごろのお手入れがラクになります。長く効果を維持させようと思ったら、やはり気を付けるべきポイントもあるようです。業者へお願いするときに確認したいことや私たちにできることはあるのでしょうか。

フロアコーティングをしたとしても、傷は発生するもの

コーティングを施せば傷は「つかない」のではなく、床材へ直接傷が「つきにくい」のが正解です。床材を守っているコーティング剤に傷が入るので、フローリングそのものは守られています。たとえるなら、ダイニングテーブルにテーブルクロスをかけて傷や汚れから守るといったところでしょうか。

フロアコーティングをすることで、塗膜で覆いフローリングの劣化を防ぎます。時間の経過による日焼けや木材の水分の蒸発を緩やかにしてくれます。木材特有の反りや伸縮も軽減されるのです。実際にコーティングをしたことで逆に傷が目立つようになったと聞くことがありますが、それはちょっとした誤解です。きれいに補修しコーティングしたフローリングだからこそ傷が目立つようになるのです。コーティングがなかったら、本当はもっとひどい傷になっていたという話もあります。フロアコーティングは新築やリフォーム時に新しい床材へするものと捉えがちですが、長年使ってきたものでも補修してコーティングを行うことにより、より長持ちさせることができます。コーティングを長持ちさせようと思ったら、傷をつけずに汚さないことが一番なのですが、人が住む限り都合良くいかないのが現実です。お手入れをしながらいかに状態を維持できるかで変わってくるのではないでしょうか。

フロアコーティングの最大の魅力は、お手入れが簡単になることです。フローリングに細かい傷を付けてしまうような、ホウキやブラシの使用は避けましょう。モップや雑巾での軽い拭き掃除が理想です。椅子のように脚で床に傷をつけてしまいそうな家具にはキャップを被せることで防止できます。コーティングの塗膜が本来傷つくはずの床材の身代わりになる限り、大切なフローリングを守ってくれます。

自分で直すことは可能?そのやり方とは

いつの間にか付いてしまったフローリングの傷。小さな傷でも一度気付くと気になってしまいます。だからといって業者を呼ぶまでもないし自分で直せたらいいなと思うことはありませんか?もし床材に傷がついてしまったら、材料さえ揃えば、自分である程度まで直すことができます。掻き傷は、フローリングの表面の色が剥げて中の木材が見えてしまう状態です。市販されているリペアキットを利用します。色付きで熱すると溶けるハードワックスです。

傷口のバリを取り、床材の色に合わせてハードワックスを色を見ながら重ね塗りします。大きなものは傷の中にハードワックスをスプーンで熱して溶かし流し込むやり方も有効です。傷へ多めにハードワックスを埋めてスクレーパーで平らにします。一番難しいのは、床材との色合わせではないでしょうか。見た目の色と傷に埋めたときの色味が変わりますので薄めの色から試すと失敗が少なくなります。床材の色が濃いほど修復しやすいとのことです。傷とはいっても凹み傷の場合には、埋めるのではなく木材の戻ろうとする性質を利用します。これは無垢材など木材に有効な方法です。木は水分を吸うと膨張しますので、凹んでいる部分に水分を含ませます。スチームを当てると戻りやすくなります。直接当てるより、タオルの上からだと蒸す状態になり床材の加工を痛めにくいです。

それでも凹みが直らないときは、粘土になっている補修材で埋めます。埋めた後は、ハードワックスで色の調整をして仕上げます。傷も大きくなると凹みを直して色を調整するという2つの工程が必要になります。小さい傷でもフローリングの傷を放置しておくと靴下が引っかかって破れてしまったり足を怪我してしまうことがあります。現状からそれ以上に傷口が広がらないようにするためにも、早めに直すようにしたいものです。

業者に任せるのが一番安心

家を新築やリフォームするときにこだわった床材も、長年使えばどうしても傷や凹みができます。お部屋の場所によっては、太陽の光が当たり、日焼けするフローリングがあります。家具を設置している場所では日に焼けていないフローリングと日焼けしているフローリングが混在することになります。お部屋から荷物を出してしまうとフローリングの傷み具合が改めてわかることもあるのです。

お部屋の雰囲気を明るくするために選んだつもりのフローリングの色合いが、いざ補修するときに色の調整が難しかったり床材の扱いそのものが大変だと素人では手に負えません。そうなったときに頼りになるのが、やはりフロアコーティング専門会社ということになります。床材の見極め、補修作業からコーティングまで、これまでの実績と経験で見違えるような状態にしてくれるはずです。床材によっては液剤が染み込んでしまうものがあり、使用する補修材やコーティング剤を変えての作業が必要になります。色の調整も、見た目でどこを補修したのか指摘されないとわからないレベルにするのがプロの仕事と言えるのかもしれません。実績を確認するためにもサンプルを取り寄せて、施工の過程に納得し業者を見極めてからお願いするようにしましょう。

「コーティング」と名の付くものだけでも、油性、水性のもの、その機能に特化したコーティングのものが数種類あります。どれも一長一短あり、価格に比例して保てる年数が5年から30年と考えると、そのときに依頼した施工内容が「高額だった」という感想になるのか、「適正なお値段だった」と言えるのか変わってくるのではと思います。お部屋の用途に合わせたコーティングの提案ができる業者と、説明を聞いた私たちが適切なフロアコーティングを選ぶことが本当に長持ちする秘訣なのかもしれません。

まとめ

フロアコーティングは、傷を受け止めるものです。コーティング剤で包み込み床材への直接のダメージを和らげてくれます。水分の蒸発を抑え、経年の劣化を緩やかにしてくれます。フロアコーティングで日ごろのお手入れがラクになり、コーティングの種類によって足腰への負担も軽減されます。フロアコーティングの業者を選ぶときに気を付けたいことは、床材に対する知識の豊富さはもちろん、実績や経験を積んでいるか、サンプルや資料を見て自分が求めているコーティングを提案してくれる業者なのか納得いくまで説明を求めて、慎重に選びましょう。

TOPへ戻る