必見!フロアコーティングを長持ちさせる秘訣

フロアコーティングにはメリットがたくさんあります。掃除がしやすくなったり傷が付きにくいといったメリットは嬉しいものです。しかし、何もしないでいれば埃やゴミは溜まりますし、ツヤも減ってきてしまいます。少しでもキレイなフローリングを長持ちさせるにはどうすればいいのでしょうか。やるべきお手入れ法、逆にやってはいけないお手入れ法などもあります。長持ちさせるための秘訣を紹介していきましょう。

水分をこぼしてしまったら、すぐにふき取るべし

フロアコーティング施工をした後の掃除方法は、基本的には拭き掃除です。ドライシートなどを使用して専用のステッキで掃除する方法でもいいですし、よく絞った雑巾で水拭きをした後に乾いた雑巾でカラ拭きをするという方法でも大丈夫です。床が濡れた状態のまま放置することは好ましくありませんので、水を使って掃除をした場合は必ずドライモップや乾いた雑巾などで水分を拭き取ることが大切です。

コーティング効果を長持ちさせるには、なるべくドライで清潔な状態を保つことが大切です。床にお茶やジュースなどの飲み物をこぼしてしまうことはよくあると思いますが、その際もすぐに拭き取るようにしましょう。普通の水以外のものはコーティング効果を軽減するだけでなく、シミになって色落ちしなくなる可能性もありますので放置しておくことは厳禁です。

醤油やお酒、脂などの調味料類はさらに厄介です。水やお茶などに比べると調味料類は固まりやすく、固まった状態のものを床から剥がそうとすると、一緒にコーディング剤も剥がしてしまう可能性があります。なるべく早い段階での拭き取りが必要になってきますが、万が一固まってしまった場合は水で薄めてみたり、中性洗剤液を加えてから洗い流すようにしましょう。

間違っても固まった状態でガリガリ削ってはいけません。コーティング剤の種類によっては中性洗剤などが使えない場合もあるので、お手入れ方法は事前に業者さんへ確認しておくことをおすすめします。また、調味料や油分が飛びやすいキッチン周りは、その都度洗い流すのも手間が掛かるので、予めキッチンマットなどを引いておくといいかもしれません。

コーティング効果を長持ちさせるには常にドライな状態で清潔に保つこと、そして汚れや水等はすぐ拭き取ることがひとつ目のポイントです。

家具の底や椅子や机の脚にはガードをつけて傷を回避

次は、やはり床に傷を付けないよう努力することです。フロアコーティングすることで、床は強化されるので日常の動作による傷は付きづらくなります。しかし、家具などの重いものは別です。模様替えなどで家具をずらした際に、家具の下だけがコーティング剤が剥がれて傷が付いていた、というケースはよくあります。

また、大きな家具を引きずって移動させてしまった結果、床に傷が残ってしまうこともあるのです。重たい家具の脚や底にはクッション性のあるものでガードしておくことがおすすめです。日用品売り場などにフェルト状の専用ガードなども売っていますし、ご自身で工夫して作ってみるのもいいでしょう。

また、さほど重さはなくても、毎日動かす椅子などにも貼っておくことがおすすめです。引いたり戻したりと動かす機会の多い椅子は、同じ箇所の床部分に傷を付けやすいためです。また、万が一や食器やガラス製品などを床に落として割ってしまった場合も注意が必要です。陶器やガラスなどの破片はコーティング剤とともに床自体を傷付けてしまう恐れがあります。割ってしまった場合、箒のようなものでかき集めたりしがちですが、その行為こそが一番床を傷付けるのです。直接手で拾い集めるのは危険ですので、ゴム手袋などを装着した状態で大きな破片は手で拾い、細かい破片はガムテープなどの粘着の強いテープを使って取るようにしてください。

細かい破片でも床に傷は付きますので引きずらないように広範囲をテープで取ることをおすすめします。家具などの重いものは予め底をガードしておくこと、鋭利なものを落とした場合は引きずって回収しないこと、これが二つ目のフロアコーティングを長持ちさせるポイントです。

加湿器、除湿器を上手に使おう

フロアコーティングの効果を長持ちさせるには、湿気と上手に付きあっていく必要もあります。もともと、フロアコーティングには湿気によるカビを生えにくくするという効果も実証されています。コーティングをしていない普通の床に直接布団を敷いて寝ていた方が、しばらくすると布団の下の床にカビが生えていることに気付いたのに対し、フロアコーティングをした床で同様に寝ていた方は全くカビが発生しなかったという事例があります。
コーティングされているため、床への水分が通りにくいことが理由だと思われます。

しかし、安心して必要以上に湿度を上げたり、逆に乾燥させすぎてしまうことも考えものです。あくまでもコーティングしていないフローリングよりは湿気に強いというだけなのです。現に掃除の際は必ず最後にから拭きすることが必須ですので、必要以上の水分や湿気は効果を軽減させる原因となることは確かです。加湿器や除湿器をうまく利用しながら平均湿度を保つようにしましょう。また、冬の時期などに窓に結露ができることがよくあると思います。

結露をそのままにしておくと、当然のことながら下に垂れ落ちてしまいます。さらにそのまま放置すればカビの直接原因となりかねません。カーテンやサッシ付近はもちろんのこと、窓枠近くの床にもカビが発生してしまいます。カーテンを開けない生活をしている人はなかなか気付かないかもしれませんが、結露は意外に溜まっています。毎日こまめに拭くようにしてください。

また、もしフロアコーティングと一緒にリフォームなどを考えている方であれば、窓を二重サッシにすることで結露を大幅に減らせますし、湿度調整もしやすくなります。もし予算に余裕のある方であれば検討してみる価値があるかもしれません。

まとめ

コーティング効果を長持ちさせるには、ドライと清潔を心掛けた掃除、重い家具などへの配慮、そして湿気がポイントになります。それらはフローリングだけではなく、家全体を美しく長持ちさせる秘訣でもあるのです。無理をしない範囲で日常生活の中にうまく取り入れてみてください。

TOPへ戻る