知りたい!ガラスコーティングの魅力ってなに?

最近、フロアコーティングの中で人気を増しているガラスコーティングですが、具体的にはどのようなコーティング法なのでしょうか。硬度が高く耐久性も強いなどの成分特徴がありますが、他にも人気の理由はあるのでしょうか。より具体的にガラスコーティングの特徴、メリットなどを中心に紹介したいと思います。

様々な形状や材質の床に施工することができる

ガラスコーティングは、ガラスという言葉が入っているので成分に本物の硝子が含まれていると思っている方もいるかもしれません。しかし、実際に硝子が含まれているわけではなく、専用の溶剤と空気中の水分が混ざり合うことによって硝子のような素材へ変化することから、このような名称で呼ばれています。

よく、ガラスコーティングは割れやすいのでは?と心配する声を聞きますが、本物の硝子を使用しているわけではありませんので、実際に割れてしまうということはまずありません。ガラスコーティングのひとつ目の特徴は、床の材質や形状などに左右されず、あらゆる部屋、床材に対応ができるという点です。ガラスコーティングは比較的、施工時の技術力をそれほど必要とはしません。

水性系のコーティング剤は職人による腕が必要となりますが、油性系のコーティング作業はさほど難しくなく、均等に美しく塗ることができます。ですので、少し形状に特徴のある部屋であったり、部屋の真ん中に柱が立っているような形状でも難なく施工することができます。そして、一番の魅力は床の変質を防げるという点ではないでしょうか。

コーティングなどを何も施していない床は、長年の湿気や気温などによりどんどん劣化してしまいます。床質によっては膨張して部分的に浮き上がってしまったり、逆に収縮してしまうという恐れもあります。それらの変質を、ガラスコーティングはカバーできるという特徴があります。特にクッションフロアと呼ばれる床質だと、そういった変質がよく見られるのですが、ガラスコーティングはクッションフロアへも対応が可能です。
水回りなどにクッションフロアを使用している方は特に変質しやすのでガラスコーティングすることをおすすめします。

ツヤのあり、なしをお好みに合わせて選択することが出来る

フロアコーティングの特徴にひとつにに「ツヤ」があります。今まで何の光沢もなかった床がピカピカと輝くようになるのです。部屋全体の見栄えも変わりますし、高級感が増すのでツヤがある方がいいと感じる方も多いでしょう。しかし、最近はレトロな雰囲気やアンティークフレンチのようなオシャレなカフェなどをイメージして部屋を設計したり、リノベーションをする人が増えてきています。壁や家具などをアンティーク調で揃えても、床だけが鏡のようにピカピカしていては、ちょっと全体の雰囲気には合わないかもしれません。できれば床は木目が見えて木の質感をそのまま感じられるようなツヤがないものがいい、とツヤなしを好む方が増えてきているのは事実です。

ガラスコーティングの嬉しいポイントは、ツヤがあるタイプとツヤなしのマットなタイプとで選べる点です。家の中でも面積の広い床は、意外にも家全体のイメージを作り上げてしまうほどのインパクトがあります。ツヤがあれば全体的に高級感のあるイメージになるでしょうし、マットタイプの床はどんなインテリアにも合わせやすいオシャレな空間へと変えてくれるでしょう。特に若い世代ではツヤなしを希望する方が多いようです。

フロアコーティングはツヤが出るもの、と思い込んで施工することを躊躇っていた方も、今は希望通りに施工してもらえる時代になりました。ガラスコーティングには、劣化による床の変質を防ぐだけではなく、紫外線による変色から守ってくれるという効果もあります。耐久性も強いですし、20年程度はコーティング効果が持続すると言われていますので、長く今のフローリングを守っていきたい方にはぴったりの技術法です。さらにツヤの有無を選べるとなれば、人気が高い理由も分かる気がします。

傷がつきづらく、丈夫で安全!

ガラスコーティングの特徴のひとつとして、硬度が高く丈夫であるという点が挙げられます。他のコーティング剤の中でも硬度が最も高く、低い順から紹介すると、ウレタン素材、シリコン素材、UV素材、ガラス、の順番となり、他の素材の中で一番硬くて丈夫であることが伺えます。

硬度が高いということは、その分傷も付きにくいということになります。物を落としたり、ペットが歩きまわったりしてもちょっとやそっとでは傷が付きません。光の当たり具合などで床についた傷は意外と目立ってしまうものです。小さいお子さんがいる家庭などでは、おもちゃの車で遊びすぎたり、床で直接硬いおもちゃなどを使った結果、傷を付けてしまいがちです。せっかく新築で家を建ててもすぐに床が傷付いてしまっては勿体ないことこの上ありません。
フロアコーティングには床を傷から守るという効果もあります。長く住む大切な家ですので、是非フロアコーティングすることをおすすめします。

しかし、硬度が高すぎるという点に関してはガラスコーティングには注意しなければいけないこともあります。滅多にあることではありませんが、あまりにも強い衝撃を受けるとヒビが入ってしまう可能性があるのです。よほどの衝撃や重い物でなければ大丈夫ですが、大きめの地震があった時などは家具の転倒などに気を付けなければいけません。日常生活での負担には耐えられますが、強いショックや衝撃には弱いという特徴があるので踏まえておいてください。

注意点としてはそのくらいで、他は掃除がしやすくなったり、隙間に異物が入りづらくなるので清潔さを保てるなど、メリットの方が多いので安心して使っていただけるコーティング剤だと思います。

まとめ

ガラスコーティングの詳細をお伝えしてきましたが、少しはイメージができたでしょうか。フロアコーティングの中では最新のコーティング法とも言っていいので、これまでの床の悩みに応えられるような形になっています。これから住宅購入を考えている方もそうでない方も、一度は検討してみる価値のあるコーティング法だと思います。

TOPへ戻る