フロアコーティングの種類が知りたい!

一度施工することによって、長期間にわたってフロアを保護してくれるフロアコーティングには魅力がいっぱいあります。そして技術の進歩によって取り扱いの種類も増えており、それぞれのコーティングの特長を活かして選ぶ事ができるようになりました。

ここではコーティングの種類にはどのようなものがあるのか、そしてそれぞれのコーティングの特徴について取り上げていきます。

フロアコーティングってどれくらいの種類があるの?

フロアを保護してくれるフロアコーティングにはどのような種類があるのでしょうか。代表的な種類を紹介します。

1つ目はガラスコーティングです。特殊技術によりガラス塗膜を塗布する方法です。使用される材料は無機質のガラスです。

続いて取り上げるのが、UVコーティングです。ウレタン樹脂に紫外線を照射して、瞬間的に硬化させるために乾燥させる必要がありません。ですからコーティングをした後に入居を待つ必要がありません。

3つ目はシリコンコーティングです。これはアクリルの樹脂にシリコンの樹脂を混ぜ合わせたものが材料となります。さまざまな用途で広く使われているコーティングです。

4つ目がウレタンコーティングです。昔から広く使われているコーティングの方法で、現在は水性塗料を使用するのが一般的となっています。

5つ目はアクリルコーティングです。比較的安価ですが、保護というよりもつやを出すことが目的とされるコーティングです。

以上5つを取り上げましたが、それぞれの目的があるので用途に応じて選びましょう。

フロアコーティングの種類別の特徴

では続いてフロアコーティング別の特徴について取り上げましょう。代表的な種類を紹介しましょう。

まず、ガラスコーティングです。無機質の液体ガラスが原料となるため、傷に強いのが特徴となります。仕上がりは光沢があるタイプ、マットなタイプと選べるようになっているのも特徴となっています。また、床は酸化によって経年変化が進みますが、ガラスコーティングは酸素を透過しないので酸化を防ぐことができます。また、部分補修が可能なので、万が一傷ができた場合のメンテナンスもできるのがポイントです。

まずUVコーティングです。フロアコーティングの中でも高品質として知られている施工法です。ウレタン樹脂に紫外線を照射して瞬間的に硬化させるわけですが、耐久性に優れているだけではなく、耐熱、耐摩擦などにも優れており寿命は一般的に20年ほどとなります。

続いてシリコンコーティングです。もともとPタイルの保護用としても使われていたので、総合的にどの分野においても優れた効果を発揮します。

ウレタンコーティングは、耐久性に優れているだけではありませんが、比較的安価なので保護する期間が短くて良いのであれば検討する価値のあるコーティングです。

アクリルコーティングはコーティングの中では大変安価であり、塗り直しができるのも大きな特徴です。耐久性は一般的に2年ほどといわれていますが、技術の進歩に伴い向上している傾向もあります。数年ごとに塗り直しが必要とはいえ、賃貸住宅に入居する時など居住年数が決まっているなど、目的に応じて活用できるコーティングです。

コーティング別で費用を比較してみよう

これまでフロアコーティングの種類と特徴について取り上げました。最後に費用について考慮しましょう。

コーティングにかかる費用ですが、当然のことながらどのコーティングを選択するか、どのくらいの広さ施工するかによって大きく異なってきます。

1平方メートルあたりの単価で考慮すると、UVコーティングやガラスコーティングは若干の幅はあるものの、他のコーティングと比較すると費用は高くなります。逆にアクリルコーティングやウレタンコーティングは、費用の点では割安となります。その中間がシリコンコーティングになります。

一般的な相場などに関しては変動することもありますし、さらに業者によって異なるので明確な数字を出すことはできません。また業者によっては割引なども行っているために、業者と相談してみることもできるでしょう。

コーティングの種類によって特徴と費用が異なってくるので、住宅で必要としていることや、住宅に今後どのくらいの年数生活するのかなど、検討する要素を明確にして適切な種類のコーティングを行いましょう。

まとめ

さまざまな種類のフロアコーティングがありますが、それぞれの種類に応じた目的や特徴があります。またフロアコーティングの種類と施工する面積によって費用も大きく変動していきます。検討している部屋や住宅で、目的としている事柄を満たすフロアコーティングの種類を見極めるようにしましょう。また予算の範囲内で行えるように、専門業者と相談することもできるでしょう。フロアコーティングによって、フロアをきれいな状態に保つようにしましょう。

TOPへ戻る