フロアコーティングするなら新築購入時ってほんと?

住宅を新築で購入した場合、住宅が傷まないように大切に使っていきたいと願うのは自然のことです。しかし年数が経過すると使用頻度の高い場所、特にフローリングなどは劣化が目立つようになります。

フローリングを保護する方法はいろいろありますが、フロアコーティングはメンテナンスが楽で、なおかつきれいな状態を保護するための有効な手段です。では近年注目度がアップしているフロアコーティングを新築で行うメリットについて紹介してきましょう。

フロアコーティングはいつのタイミングで行うべき?

生活の拠点となる住宅がきれいな状態だと、生活していても気持ちが良いものです。しかし年数が経過していくと、どうしても経年劣化が生じてしまい、いろいろなところに痛みや汚れが付着してしまうこともあります。

その中でもフローリングは傷みやすく、少しの見えない傷に汚れが溜まり、そこから傷が広がったり目に見える傷に成長してしまうなど、痛みが目立ちやすいところとなります。

フローリングを保護する方法としてワックスを利用されている方も多くいますが、近年はフロアコーティングも以前に増して注目されるようになり、施工される方も増えています。ではどのタイミングで行うのがベストでしょうか。答えから先に述べると、新築で住宅を購入して入居する前に行うのがベストです。

なぜ新築購入時にフロアコーティングするのがいいのか

ではなぜ新築購入時にフロアコーティングを行うのがベストなのかその理由をいくつか取り上げましょう。

まず一つ目に労力と時間の節約になります。一度入居して生活をしている状態でフロアコーティングを行うとなると、コーティングを行う部屋の家具などを全て他の場所に移動させる必要があります。

さらに生活している間に付着した汚れなどもきれいな状態に清掃する必要があります。これだけでもかなりの労力と時間を必要とします。そしてコーティングを施工した後も、家具などを元の場所に戻す作業が生じ、時間と労力はここでも必要になります。施工する部屋の数が多ければ多いほど、この作業は繰り返し行わなければなりません。

さらにワックスを一度かけた部屋であれば、ワックスの剥離と清掃も必要になるため、一層の労力と時間が必要になります。

二つ目は新築の美しい状態をキープできることです。住宅が一番美しい時、それは新築で誰も生活していない状態の時です。その時にフロアコーティングを行うことによって、汚れや傷のない美しい状態を長期間キープすることが可能となります。

新築購入時にフロアコーティング予算を確保すべし

これまで新築の時にフロアコーティングを行うことがベストのタイミングであることを取り上げてきました。最後に予算について取り上げましょう。

新築で住宅を購入する時には、住宅の費用だけではなく関連するさまざまな事柄も予算に組み入れます。その一つにフロアコーティングの予算を組み入れておくと良いでしょう。そうすることで予想外の出費ではなく、想定内の出費として計算することができます。

では予算としてどのくらい組み入れておくのがよいでしょうか。その答えは、コーティングを検討しているフロアの広さ、そしてフロアコーティングの施工方法によって大きく変わってくるといえます。ですからフロアコーティング専門業者に、あらかじめ現場を見てもらい、コーティング別の見積もりを出してもらうこともできるでしょう。

そうすることでコーティングの施工方法別で比較検討し、目的や予算に合わせることが可能となります。新築で購入する場合には入居前にフロアコーティングを行うようにしましょう。

まとめ

新築で住宅を購入して、美しい状態をキープしたいのであれば、あらかじめフロアコーティングに必要な予算を組み込むようにしましょう。そしてコーティングの方法、それぞれの特徴と費用、耐用年数など必要な情報を業者に説明と見積もりをしてもらい、ベストのコーティングを行えるようにしましょう。入居前にフロアコーティングを行うことによって、美しいフローリングをキープすることが可能となるのです。

TOPへ戻る