フロアコーティングってやる必要性があるの?

床は目に見える面積が広いためにどうしても目立つものとなります。そしてフローリングであれば傷が付くと目立ってしまったり、何かをこぼしてしまい汚れが付いてしまったり、ペットが傷を付けてしまうなど、傷が付きやすい場所でもあります。

では傷つかないように保護するために何ができるでしょうか。フロアコーティングを行う方も少なくありませんが、どのような効果が期待でき、必要性はあるのかみていきましょう。

フロアコーティングってやらなきゃダメなの?

近年話題のフロアコーティングですが、床を保護して、光沢のある美しい状態に保つ効果が期待できるとして人気があり、さまざまな施工方法も確立されています。

そもそもフロアコーティングとはどのようなものでしょうか。ひとことで言うとフロアに材質をコーティングしていくことです。ガラスコーティングやシリコンコーティング、UVコーティング、ウレタンコーティングなどさまざまなコーティングのための材質があるので、それぞれの材質に合わせた方法でコーティングします。そしてそれぞれのコーティング方法にはそれぞれの特徴があり、材質によるメリットも実にさまざまで、耐用年数も必要とする費用も異なってきます。

ですからフロアを保護して光沢のある美しい状態をキープするという観点ではメリットが大きいと言えるでしょう。

フロアコーティングの良いところ・悪いところ

実際にフロアコーティングを行うとなるとそれなりの費用が必要になりますし、コーティングを行う面積が広くなればなるほど、そして使用する材質や施工方法が高価になればなるほど費用も必要になるので悩むのも不思議ではありません。ここではフロアコーティングのメリットとデメリットについて取り上げます。

まずメリットですが、フローリングの部屋で生活していると年数が経過するうちに経年劣化が生じます。明らかに傷とわかるくらいの大きな傷がついてしまうと、そこからほこりが溜まったり、はがれてきたり、傷が広がるなどして美観は損なわれていきます。

そしてフローリングの劣化も目に見えて分かるようになります。こういったときに、フロアコーティングを行うこによって、フローリングそのものに傷が付きにくくなります。例え大きな衝撃があって傷が付いたと思えても、コーティング剤についているだけでフローリングそのものは保護されています。
そして光沢を出すことができるので、清潔感や高級感を長期間にわたって演出することが可能です。

ではデメリットはどのようなものでしょうか。それはひとことで言うと費用でしょう。フロアコーティングにどのくらいの費用がかかるのかは、使用する材質と面積、施工方法などによって異なってきますが、長期間効果を持続させることが可能な処置を行うので、それなりに費用は必要になってきます。

ですから短期間で退去する住宅でコーティングを行うのは割高になることに注意してください。

どのタイミングでフロアコーティングをやるべし?

これまでフロアコーティングの必要性、メリットとデメリットについて取り上げてきました。最後に取り上げるのは、フロアコーティングをどのタイミングで行うのがベストかという点です。

もし新築で住宅を購入し、入居まで日程に余裕があるのであれば入居前に行うのがよいでしょう。コーティングを行うためには、施工する範囲に何も物がない状態にして、きれいに清掃しておく必要があります。一度家具などを置いてしまい生活が始まっていると、全てを他の場所に移動させて、そのエリアをきれいな状態にしてコーティングを行うのはかなりの労力と時間が必要です。

住宅の全てに行うのであれば施工そのものの日付をずらさなければならず、その分余分な費用も必要になります。ですから可能であれば入居する前に行うのがベストのタイミングでしょう。必要性を感じるのであれば、必要なフロアコーティングを行えるように計画を立ててみましょう。

まとめ

フロアコーティングとは何か、そしてメリットとデメリット、行うべきタイミングについて取り上げてきました。フロアをしっかりと保護して美しい状態をキープするのであれば、必要性を感じることでしょう。もちろん材質をどのようなものにするか、施工方法はどうするかなどに関しては、それぞれの目的や状況によって異なってきます。現状と予測できる事柄をしっかりと検討して、必要性のあるフロアコーティングを行えるようにしましょう。

TOPへ戻る