まだ間に合う!入居済のフロアコーティング施工の注意点とは?

入居済みの部屋にフロアコーティングを施すことは可能なのか。例えば、賃貸のマンションや賃貸住宅に住み始めてから、フロアコーティングを思い立った場合には、こうした疑問を持ちますね。フロアコーティングとは、そもそも住んでからではできないのか、もしできるのであれば、どんなことに注意するべきなのか、気になりますね。こうした疑問について調べてみました。

また、実際に施工業者を選択する際の注意点についても併せて調べています。フロアコーティングを希望している方は、是非参考にしてみて下さい。

入居済のフロアコーティング施工に強い業者選びをしよう

入居済みの部屋について、コーティングを希望した場合に、まずどういったところを注意するべきか。ここで初歩的な説明になってしまいますが、まずは業者選びを気にしてみましょう。

業者選びの際には、入居済みの部屋であっても施工が可能であることを掲げている業者を選ぶようにすることがポイントです。インターネットなどで検索してみると、おわかりのことでしょうが、施工を行っている業者は、大抵その実績についても明確にしています。業者は、やはり顧客に安心して施工を依頼してもらいため、自分たちの施工に自信をもって明示しているところが多いのです。こうしたところをしっかり確認してみると良いのです。実績は、安心できる施工を裏打ちするものです。ですから、業者が入居済みの部屋にどういった気を配って施工しているか、確認するにはピッタリということです。

インターネットで不明な部分は、直接確認してみるというのもオススメです。施工前には業者との打ち合わせが行われるものですが、この場合に、不明点や疑問点をしっかりと投げかけて、納得できるまで確認してみることです。といいますのも、入居後の施工によって受けた失敗談や補償問題というのは少なくないものではありません。

ですから、注意するべきは業者がどのように施工を行うのか、どういったところに注意を働かせているのかを把握するということなのです。中には、入居済みのフロアコーティング施工の方が受注数が多いという業者もいるようです。こうした業者の場合には、注意点は明確にしていることが多いようです。こうした業者が気にしているところをチェックしておくことも大切です。そうすることで、これを参考にして他の業者との相談の際に質問することもできるからです。

一番危険なのは、知ったふりをして曖昧にしてしまうことですから、例え何度となっても、自分自身が理解できるまで相談してみることで業者の見極めを行うように努めることが賢明であるといえます。

新築時とは施工料金が異なる場合がある?

入居済みのお部屋にフロアコーティングを施す場合の注意点として、業者の選定以外にも、金額があげられます。
この施工に関する金額ですが、新築の場合に行うものと金額が異なる場合があります。特に、中古住宅などの場合にはこういったことが起こり得ますので、注意すべきでしょう。金額の違いに表れる理由としては、いくつかあります。その例としては、床材の損傷程度というものがあります。

床材を保護するために、フロアコーティングが行われるのですが、床材自体に汚れや傷といった損傷がある場合には、そのままフロアコーティングを施すということは出来ません。これは見た目にももちろんそうですが、フロアコーティング自体が劣化しやすく、損傷してしまう可能性があるからなのです。

フロアコーティングは、平らな床材に施工することを目的に作られています。均衡がとれた環境の中で、本来持つ能力を発揮することができるのですが、この床材が汚れや傷から、平坦なものになっていなかった場合には、その問題点を原因として腐食や剥がれがおきることになりかねないのです。なにより、均衡が保たれた環境での耐久性ですから、そうではない環境に使用すれば、その耐久性だって目安の期間よりも短くなってしまうということになります。

こうなってしまわないためにも、業者としてはその床材のメンテナンスを施さなければなりません。床材自体のメンテナンスを施してからフロアコーティングを行うということになれば、通常よりも費用はかさんでしまうことになります。これは、床材のメンテナンスが必要であるといった場合の話ではありますが、こうした場合にも、部屋の構造上の問題や、床材の種類などから、コーティング剤の変更を余儀なくされるなど、理由は様々に存在します。

こうしたことがあるため、入居済みの部屋の場合には、新築である場合よりも費用が変わってしまうということも十分起こり得るのです。

UVコーティング以外の施工も依頼できる?

例えば、入居済みの部屋の場合には、施工できないフロアコーティングというものはあるのでしょうか。これに関しては、臭いといった刺激などの面から考慮すると、施工するのに注意を必要とするものはありますが、全く施工すること自体が難しいコーティングというものは本来存在していません。

例えば、UVコーティング剤の場合はどうでしょうか。UVコーティングは、紫外線などの照射から、床材を保護する施工です。また、他のコーティング剤よりも紫外線に耐性があるため、太陽光が当たりやすい部屋の場合にはこうしたUVコーティング剤を使用することをオススメしたいものです。こうしたUVコーティング剤は、入居後の部屋にも施工することができます。

では、UVコーティング剤以外の施工についてはどうでしょうか。例えばアクリル製の施工は、水性のアクリル製のフロアコーティングなどもありますが、比較的刺激の少ないものといわれているため、こうしたものの場合には、比較的生活に難をきたすこともなく施工を受けることもできます。ですが、コーティング施工の中には、耐久性が高いこともあって刺激が強く、乾燥までもある程度の期間を要するというようなものも存在しています。

こうしたある程度の刺激を伴うコーティング施工は、近くの部屋にいても臭いが気になる場合がありますし、業者によっては、この施工する部屋の近くには衣類など臭いが付きやすいものを置かないよう事前に指導するということもあります。衣類などに付着した臭いは、油性のものなどが多いため、何度洗濯してもなかなか落ちないということが多いのです。

せっかく楽しみにしていたフロアコーティングが終わってみたら、しばらく臭いに苦しめられてしまったなんて、できれば避けたいところですよね。こうした種類のものもあるため、入居済みの部屋にコーティングを施す場合には、刺激が低いものを選んで施工するよう心掛けることが賢い選択であるといえます。

まとめ

フロアコーティングの注意点は、特に施工の際に多いようです。それが入居済みの部屋にフロアコーティングを施すという場合であれば、尚多くの注意点が伴います。ですが、実際にフロアコーティングを施した方ならばお分かりの通り、一度コーティングしてみれば、その良さはやらないのとは歴然の差があります。

施工前に、しっかりと吟味して、納得の業者や金額で、刺激の少ないものを選んでみましょう。そうして終わってみれば、満足いく仕上がりに、フロアコーティングの良さを体感することができるでしょう。

TOPへ戻る