フロアコーティングの流れについて知っておこう

フロアコーティングを専門業者に依頼するといっても、依頼主は何もしなくて良いわけではありません。依頼するからには行っておくことや、注意しなければならないこともいろいろと生じてくるのです。

では具体的に何を行あわなければならないのか、専門業者に依頼してから実際の作業日前、そして作業中、さらに作業後に分けて必要な事柄があります。

フロアコーティング作業日までに行うこととは

では最初の流れ、フロアコーティングの作業前に行えることについてです。

当然しなければならないことは、依頼する専門業者を選ぶ事です。フロアコーティングの方法もいろいろとあるので、いくつかの業者に問い合わせて必要な情報を整理して見るのはよいことです。そうすることでフロアコーティングに関する正しい知識と理解、仕上がり後のイメージを持つことができます。

業者が決まったのであれば、作業日に向けて準備を進めていきます。コーティングを行う部屋が決まっているのであれば、その部屋にある家具などを全て移動させておきましょう。そうすることで業者が作業する時にスムーズに作業に入ることができます。

また業者が行うのは、コーティングを行う場所のチェックです。事前チェックにより最適なコーティングの方法やコーティング剤など細かい事柄を決めていくことが可能となります。このときにもチェックしやすいように必要な作業場所の確保や清掃、その他事前に確認が必要な情報などを用意しておくようにしましょう。

そして実際の作業日を話し合って決めるようにしましょう。

作業日に行うこととは

作業日前の流れをしっかりとこなしたのであれば、次は作業当日の流れを理解しておくことは大切です。

まず、依頼している専門業者が来てから、コーティングを行うために必要な事柄をチェックしていきます。そして工程の流れなどを依頼主に説明をし、不必要な場所にコーティング剤などが付着しないように養生を行います。

それからコーティングする床の補修作業や、ワックスの剥離作業なども行っていきます。さらにコーティングを一層効果的に行えるような下地を作り、いよいよコーティング剤を塗っていきます。均一にむら無く塗った後は、コーティング剤の性質に合わせて乾燥させていく作業に移行します。

もしUVコーティングを行うのであれば、専門の機械を使ってUVで硬化させていきます。コーティングに必要な行程を全て終えたのであれば、依頼した方に確認をしてもらってから今後のメンテナンスなどの説明が行われます。

作業日に行われる一連の流れは、業者フロアコーティングの行い方によって異なることはありますが、一般的に箱の流れで行われることになります。

フロアコーティング作業をしてもらった後に注意すべきこと

フロアコーティングを行う一連の流れで、最後に必要な事柄はコーティングを行った後に行う事柄です。フロアコーティングの作業が終わった後に、専門業者から必要なメンテナンスの方法などを教えてもらうことになりますが、その方法をしっかりと行っていくことは大切です。

フロアコーティングは施工するタイプによって耐用年数も異なってきますが、基本的には長期間効果を発揮します。それでもメンテナンスを全く行わなかったりすると、せっかくのコーティングも予定よりも早く劣化してしまうこともあるのです。

ですからモップやぞうきんなどで拭き掃除をしっかりと行ったり、汚れに強いといっても完全無敵ではないので、汚れが付着した時は早めに清掃してきれいにするなどして、コーティングを長持ちさせるようにしましょう。

必要なメンテナンスを行うことで、フロアコーティングの効果を長年にわたって発揮することができるのです。

まとめ

フロアコーティングの方法はいろいろとありますが、どの方法にしても作業を行う前の段階、作業日当時に行う事柄、作業後に注意しなければならないことがあります。

依頼した専門の業者から説明を受けるので、しっかりと理解して必要な事柄をメモしておきましょう。そして自分で行えるメンテナンスをしっかりと行っていくようにしましょう。そうすることでフロアコーティングの効力は長年にわたって続くことになります。

TOPへ戻る