フロアコーティングの耐久性について徹底比較

フロアコーティングを行うタイミングはいろいろとあります。新築した時に行う場合、リフォームを行った時、また必要性を感じて行う場合もあるでしょう。そしてフロアコーティングの方法もいろいろとあるため、目的や用途に応じて選択していく必要があります。

コーティングの方法によっても耐久性が異なってくるので、それぞれの特徴と耐久性を理解して施工するようにしましょう。

一番耐久性の高いコーティングは?

フロアコーティングの技術も進歩しており、さまざまなタイプのコーティングから選べるようになりました。代表的なコーティングとしては、UVコーティング、ガラスコーティング、シリコンコーティング、ウレタンコーティングでしょう。それぞれ特徴がありますが、耐久性も異なってきます。

一般的にいわれている事柄としてUVコーティングは20年から30年、ガラスコーティングが20年から30年、シリコンコーティングが10年ほど、そしてウレタンコーティングが約5年ほどといわれています。もちろん、この数字は一般的な数字であって、コーティングが施されている部屋の状況や使用状況、メンテナンスなどさまざまな事柄によって変化はあります。数字だけを見るとUVコーティングやガラスコーティングの耐久性が優れていることが分かります。

費用対効果が一番優れているコーティング材は?

フロアコーティングは耐久性が全てではありません。それぞれのフロアコーティングの方法によって、施工のための費用も異なってきます。耐久性に優れていても、施工に必要な費用が高額の場合もあります。

また低価格でフロアコーティングを行うことが可能であっても、何年間効力を発揮するか、つまり耐用年数が5年とか10年の場合は、新たに剥離してコーティングをやり直す必要も生じるため、長い観点で物事を考慮した時に割高になってしまうこともあるでしょう。
さらに、コーティングを行う面積が広ければ広いほど、費用もそれだけ必要となり、高額の方法と割安の方法では一回あたりの金額に大きな開きが生じてきます。

では耐久性と費用で考慮した時には、どのフロアコーティングの方法が優れているのでしょうか。この答えを出すのは状況に大きく左右されます。例えば、フロアコーティングを行う住宅に5年しか生活しないとあらかじめ分かっているのに、耐久性に優れている方法を選択するのは結果的に割高になってしまいます。そしてその逆も当然生じるからです。まずは住宅に何年生活するのか、そこは大きなポイントとなります。

結局、どのコーディング方法を選ぶべき?

費用対効果で考慮する時に、耐久性と居住年数だけで結論を出せることでもありません。なぜならフロアコーティングの方法はいろいろあるのは、それぞれ目的も異なるからです。例えば傷に強く、耐熱性や耐摩擦性にも強いものが良い、子どもがいるので化学薬品が含まれる物は使用したくない、ペットを飼っており床を傷つける可能性が高いので硬質の物が良い、など付加的な要素も大きく影響するからです。

ですからどのフロアコーティングの方法がベストなのかは、専門業者に見積もりを出してもらいつつ、相談してみると良いでしょう。どのくらいの年数居住する予定なのか、付加的な事柄としてどのようなことがあるのか、何を希望するのかなどによって、どの方法がよいのか提案してもらうことができます。

もちろん、新築で長く生活する予定であっても、耐久性だけではなくメンテナンスの方法やランニングコスト、それぞれのコーティングで優れている点などからアドバイスをもらえるでしょう。耐久性だけにこだわらずに、柔軟な心を持ってベストのフロアコーティングを行えるように慎重に考慮しましょう。

まとめ

フロアコーティングのベストの方法とは、結論から述べると依頼する方が何を希望しているのか、どのくらいの年数生活するのかによって異なってきます。ですから居住する予定の年数、付加的な事柄、コーティング別の耐久性と特徴を理解するようにしましょう。

そしてその中から最も優れているフロアコーティングの方法を見極められるようにアドバイスを求めましょう。そうすることによって、お財布にも優しく、住宅にも優しいベストのコーティングを行うことができるでしょう。

TOPへ戻る