フロアコーティングの施工費用は値引き可能か?

フロアコーティングをしてみたいと思っているが、費用の高さが気になってしまい躊躇しているという方も多いのではないでしょうか?作業に手間もかかりますので安いものではないというのは事実です。ですが、出来ることなら少しでも安く行いたいと思うのは当然のことです。フロアコーティングは始めに提示された金額から値引きをしてもらうことは出来るのでしょうか?また、その方法とはどのようなものなのでしょうか。

フロアコーティングの費用は値引きできるの?

実際にフロアコーティングを業者に依頼する際に、始めに提示されている値段から割引きをしてもらうことは可能なのでしょうか?フロアコーティングにかかる費用は業者に依頼する際には、コーティングをする場所の広さや使用するコーティング剤にもよりますが一般的なフロアコーティングの費用は、5万円~20万円が相場なっており、床をきれいに保ってくれて掃除も楽になるという大きなメリットがあったとしても決して安いといえるものではありません。だれでもできるだけ安い費用でコーティングを行いたいと思いますよね。提示された金額が予算オーバーで作業を業者にお願いするのを諦めてしまう人も多くいらっしゃいますが、業者に見積もりを依頼して始めに提示される金額は基本的には高めに設定されているものです。

多くの業者では、何かしらの条件をつけて値引きをしてくれたり、キャンペーンを設けていたり、他の業者の見積りを見て交渉することで安くしてくれたりすることがあります。中には初めに提示した金額から2、3割ほど割り引いてくれるところもあります。しかし、価格の相場も知らず、値引きできることも知らなければ本来安くなるはずの金額を余計に支払うことになり、業者に言われたままの金額で契約をするしかありません。

契約をしてしまってから値引きできることを知って後悔することがないように、事前に大体の相場を把握したうえでいくつかの業者に見積もりをとってもらい、自分の予算を踏まえて業者に交渉をします。希望を言えば多少なりとも値引きをしてくれる場合が多いですので、いわなければ損をしてしまうことになります。そうならないためにも、初めから値引きはできないだろうと考えずにまずは値引きの交渉をしてみることをおすすめします。

どうやって値引きを行うのか

フロアコーティングを業者に依頼する際には値引きの交渉ができるとわかったとしても、なかなかどのように交渉を行えば良いのかわからないという方は多いと思います。交渉に自信のある人や慣れている人であれば、自分の予算を提示した上で初めは絶対に無理だといわれるような安い金額を提示してそこから徐々に譲歩してもらい、初めに提示された価格よりも大きく割引きしてもらった金額で契約をするということも可能です。

しかし交渉などしたことがないという方は、まずいくつかの業者に見積もりをお願いします。その中で最も安かった外の業者の見積もりを持って自分の依頼しい施工業者に値段を交渉しに行きます。大抵の場合は、他社の安い見積もりをみせるとその金額が、その金額より少し安い金額に値下げをしてくれます。見積もりを提示して割り引きをお願いするということは非常に簡単でやりやすい方法ではありますが、そういったことも難しい、自分から値段を下げてほしいと言い出すのは苦手という方は、各社が用意しているキャンペーンを上手く利用するというのも1つの手段です。

早い段階で申し込みをし、入居日までに長い時間があると早割りを適用してくれたり、新築の方へ向けた割引きがあったり、期間限定でキャッシュバックキャンペーンを行っていたり、床だけでなく水周りも一緒にコーティングを依頼するとセット割引きがきいたりします。これらを利用することで初めに提示された金額よりは遥かに安い金額で契約をすることも出来ます。自分から色々と業者に条件をぶつけて交渉するのが得意ではないという方は、こういった割引き制度を上手く利用してお得にフロアコーティングをしてもらいましょう。

値引き交渉をする際に注意すべきこと

フロアコーティングの費用は値段に幅はありますが10万円から20万円と大きな負担になるものですので、できるだけ安く抑えたいと思い易い業者を探したり、値引き交渉をする方が非常に多いでしょう。しかしここで注意が必要なのは、値段が安いというからには当然理由があるということです。いくら安い金額で契約できたとしても、質のわるいコーティング剤を使用されたり、作業が丁寧でなかったり、保証がまったく効かないという業者に作業を行ってもらうと後々トラブルが起きることになりかねません。目先の金額の安さや、大きく割り引きをしてくれるからという理由だけで業者を選ばないようにしましょう。

ですので、単純に値段が安いからといって低価格のコーティング剤で施工しないようにしましょう。フロアコーティングの業者は非常に多くなってきていて、その中には良い業者も良くない業者もあります。良い業者というのは適正な価格で、質の良いコーティング剤を使用し、丁寧な打合せとコーティング作業を行ってくれ、充実した保証期間がある業者です。良くない業者とは、異常に高い金額であったり、逆に安すぎる金額や作業の立会いをさせてくれなかったり、打ち合わせが十分でなかったり、塗りムラや塗り残しの多いところ、保証の設定がされていないような業者です。

中には、無断で質の悪いコーティング剤を使用したり、塗剤を薄めて使用するなんていう悪質な業者もありますので注意が必要です。できるだけ安い金額でコーティングを行いたいという思いから、値引きを大きくしてくれたり安い金額の業者についつい惹かれてしまいますが、金額だけを見るのではなくその他の条件もきちんとチェックして業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

このように、フロアコーティングにかかる費用は、交渉次第で安く抑えることが出来ます。交渉の仕方もそんなに難しいものではなく業者側も初めに提示する金額は値引きをすることを前提とした価格設定になっていますので、比較的簡単に値引きをしてもらうことが出来ます。しかし、値段だけを見て業者を選ぶとトラブルになることもありますので、価格と併せてコーティング剤の質や保証の有無、技術や対応など様々な条件を複合的に考えて業者を選択するようにしましょう。

TOPへ戻る