業者に依頼する場合のフロアコーティングの施工手順

フロアコーティングを業者に依頼してお願いしようと考えた時、実際にどのような工程で作業が進むのかを事前にきちんと理解をしていることはとても重要なことです。何もわからないまま作業をお願いすると予想外の作業をされたり、満足のいく仕上がりにならなかったりというようなことになりかねません。では、施工工程の流れとはどのようになっているのでしょうか?どのような点を確認すべきかについてもあわせてみていきます。

まずは、価格比較と資料の確認をしよう

施工を検討する人が多くなっているのに伴って、フロアコーティングを行っている会社の数も非常に増えてきています。それぞれの業者によって取り扱っているコーティング剤の種類や、かかる費用、施工にかかる時間、保証内容などが大きく違っています。コーティング剤は非常に種類が多いですし、特徴も様々です。自分の求める仕上がりや耐久性がある塗剤であるかどうかによってコーティングの仕上がりに満足できるかということは大きく変わってきます。自分の使いたい塗剤を取り扱っている業者であるかということは、まずチェックしたい大切なポイントです。色々な条件をみているうちにどの業者を選べばいいのか分からなくなってしまうという方も多いのではないでしょうか。

まずは、いくつかの会社の資料を取り寄せてみることからはじめましょう。業者によっては、コーティング剤のサンプルをつけてくれるところもあります。コーティング剤の仕上がりは実際に見比べて見ないとわかりませんし、使用する塗剤も違いますのでサンプルで確認できるのは安心です。また、施工の流れや価格設定、施工後の保証などの大切な部分についてきちんと記載されているかどうかもしっかりとチェックしましょう。そして、信頼出来そうな会社の中で、価格を比較します。もちろん見積もりを出してもらうことができるようであれば見積もりを出してもらうのが一番良いです。

施工面積や、環境、使用するコーティング剤などの条件をふまえた上でかかる費用を計算してもらいます。後から、加算して請求されることがないように事前に確認をしておくことが重要です。見積もりは実際に見てからしか出せないという業者の場合にも、大体の価格の目安はパンフレットなどに記載されているはずですので、それを参考にして価格を比較していきます。

業者と一緒に作業内容の事前確認をする

価格比較などをきちんとした上で作業をお願いする施工業者を決めたら、契約へと進みます。しかし必ず契約をする前に疑問点や質問事項はきちんと業者に質問し、解決しておくようにしましょう。不安な点やよくわからない点を残したまま契約を交わして施工に入ってしまうのはトラブルの元ですし、質問にきちんと答えてくれないようなところは信頼できませんのでやめておいたほうが安心です。全てクリアな状態になったら、契約書にて作業工程や作業の日程、作業にかかる費用、施工場所の確認などを行います。施工当日には施工業者のスタッフと一緒に施工箇所を確認し、作業がどのように進んでいくのか、どのような仕上がりにしていくのかなど作業の流れを説明してもらいます。

ほとんどの場合にはこの時に、施工箇所に現状ある傷のチェックを行います。チェックをしておかないと、作業が終わった後に、万が一傷が見つかった場合に、もともとついていた傷であるのか、作業中についたものであるのかが分からずトラブルになります。もし事前に傷が見つかった場合には可能な限り補修をしてくれるところもありますので、その点についても確認しておいた方が良いでしょう。実際に場所をみながら、コーティングをしてもらう場所の詳細な確認や、仕上がりについての確認、作業後の注意点の確認などを行います。

コーティングは耐久性が良いものである反面、一度行ってしまうとやり直しをするというのはなかなか難しいものでもあります。思っていた仕上がりにならなかった、希望していた場所をきちんとコーティングしてもらえなかったということにならないように、実際に作業を開始すえる前に現場で作業を行ってくれるスタッフの方と一緒に事前の確認を行うことが、非常に大切なのです。

作業の立ち合いとコーティングの確認を行おう

実際に施工業者がコーティングの作業を行っている間はどう過ごしていれば良いのでしょうか。可能であれば自分でも作業の立会いをすることをおすすめします。施工業者にもよりますが作業全体にかかる時間は6時間から10時間程度です。その間中ずっと立ち会っている必要はありませんが、作業が完了してしまう前に自分の目で作業内容を確認することで、自分の要望との差異があった場合にはその段階で修正することができますし、スタッフの方が丁寧な仕事をしてくれているかという確認をすることができます。

作業が終了したら、完成した場所を実際に見ながらスタッフの方と一緒にチェックをしていきます。指定した場所がきちんとコーティングされているか、除外するべき場所はきちんと守られているか、塗り残しや塗りムラはないかなどを細かいところまでよくチェックします。不満に思うことがあれば、この段階できちんと伝えて、対処してもらうようにしましょう。フロアコーティングの業者というのはニーズが増えてきているのに伴って近年非常に多くなってきていますが、残念ながらきちんとした作業を行わないよくないところも存在しています。施工時に塗り残しがあったり、塗りムラがあったり、打ち合わせで伝えた要望がかなっていなかったり、丁寧な作業をしてくれないということでトラブルになるケースもあります。

そして施工直後の確認を行わずに、後々それらが明らかになってトラブルに発展するケースも少なくはありません。そういったトラブルを避けるためにも、自分から立会いや確認をお願いして作業の段階できちんとチェックしておくとよいでしょう。

まとめ

業者にフロアコーティングを施工してもらう際には、全て業者に任せきりにするのではなく自分で作業工程をきちんと理解して、きちんと作業が行われているのかということを自分自身で確認する必要があります。作業に入る前の打ち合わせや現場での工程、施工場所の確認、また施工中の立会いや作業終了後の確認など能動的に参加をして仕上がりの確認をします。そうすることで、作業後に自分の思っていた仕上がりにならなかった、施工場所が違った、塗りムラや塗り残しがあるなどのトラブルを回避することが出来ます。

TOPへ戻る