フロアコーティングについて、いろいろ比較してみよう

入居した時にきれいな状態であったとしても、年数が経過したりすると、さらに使用頻度が高ければ高いほど劣化は避けられません。劣化すると見栄えも劣るようになります。

フロアコーティングを行うことによって劣化を防ぎ、傷から守り、きれいな状態を保てます。方法だけではなく業者も比較検討することで、最善の方法で行えるでしょう。ここではどのように比較検討を行えるのかについて取り上げていきます。

フロアコーティングの平均価格って?

新築で住宅を購入した時、また賃貸物件でも入居する時など、新しい状態にある住宅を大変気持ちがよいものです。そして床、つまり部屋ががきれいな状態だと清潔感があり、全体の明るさにも影響してきます。しかし部屋はいつも歩くだけではなく、家具などの物を置いていたり、何かを落としてしまったり、日差しが入るために日焼けしてしまったり、ペットを飼っておられる方であればペットが傷つけてしまうなど、何かと傷みやすいところです。

このような状態になると見栄えが悪くなってしまい、部屋全体の明るさにも影響が出てしまいます。ですからそうなるまえにフロアコーティングを行って、しっかりと保護される方も少なくありません。

ではフロアコーティングはどのくらいの予算を考えておけばよいのでしょうか。当然のことですが、フロアコーティングに使用する材料や施工方法、広さなどによって異なってきます。ですからいくつかの業者に問い合わせを行い、見積もりなどを出してもらい、説明をしっかり聞いて理解し、比較検討することが大切になってきます。

またインターネットではフロアコーティングの方法や一般的な予算について掲載している業者のサイトなどもあるので、参考資料として考慮することができます。

フロアコーティングの寿命って?

住宅のフロアをきれいな状態で長持ちさせることができますが、当然のことながら永久に効果が持続するわけではありません。ではフロアコーティングの寿命はどのくらいでしょうか。

結論からいうと、フロアコーティングの種類と材質によります。例えばUVコーティングは耐久性に優れており、耐水性や耐薬品性、さらに摩擦にも強いとされていますが、一般的に寿命は20年ほどと言われています。

またガラスコーティングの場合は硬度が高く、膨張や伸縮性にも優れており、クッションフロアなどにも対応しています。こちらも一般的な寿命は20年ほどと言われています。

他の方法としてシリコンコーティングがありますが、撥水加工、耐薬品性、耐熱、滑り止め効果などにも優れています。寿命は10年から20年と幅があります。

このようにフロアコーティングを行う場合には、それぞれの特徴と寿命を比較しながら選ぶ必要があるでしょう。

業者比較する時のポイントとは?

これまでフロアコーティングに必要とする費用は内容と広さによって異なること、フロアコーティングにはさまざまな方法があり、特徴と寿命を比較することについて取り上げました。最後に取り上げるのは、業者を比較検討する時のポイントはどのようなことなのかご紹介します。

まず一つ目のポイントはフロアコーティング専門業者を探すことです。もちろん、フロアコーティングを取り扱っている業者は他にもありますが、フロアコーティング業者は、技術などにおいて信頼性が高いと言えるでしょう。二つ目のポイントは取り扱っているフロアコーティングの種類です。前述したとおり、内容によって特徴や寿命が異なるので業者選びの時の比較検討材料にしましょう。三つ目のポイントはこれまでどれほど施工してきた実績です。実績が多いということはそれだけ培ってきたノウハウも多いということになります。

三つほどポイントをあげましたが、あくまでも一般的な事柄なので、業者を比較検討する際にはご自身なりの希望を含めて比較検討するようにしましょう。

まとめ

フロアコーティングは住宅を長持ちさせる、そしてきれいな状態に保つことのできる素晴らしいものです。施工を検討しているのであれば、それぞれの材質の特徴と寿命を考慮して、最も適した施工を行えるようにしましょう。

複数の業者の説明を聞くことも良いでしょう。そうすることでいろいろな事柄を比較検討できます。一度施工してしまえば寿命は長いので、検討しているフロア、家族の状況などを考慮して最適のコーティングを行いましょう。

TOPへ戻る