フロアコーティングの費用を少しでも抑えるには?

フロアコーティングを楽しむには、ある程度の費用を見込んでおかないとならないことでしょう。しかし、それほどお金を掛けず、できれば平均金額よりも安価に、そして納得できるフロアコーティングの施工をしたいと思う方は多いことでしょう。こうしたリクエストに応える方法はないものか、意外とお値打ちと実感できるフロアコーティングの方法はないものか、調べてみました。

フロアコーティングの質を下げずに、しかも値段はお手頃に感じるような施工を受ける様々な方法をご紹介します。これで、高額を理由に諦めていた方も、念願のフロアコーティングを行うこともできるかもしれませんよ。

比較的安価で温かみのあるウレタン素材がおすすめ

そもそもフロアコーティングの費用が掛かるのはなぜなのか。例えばワックス剤などは、市販されていて、手先の器用な方の場合には自分で施工することもあるなど、費用面を抑えることが可能な場合が多いですよね。

でも、フロアコーティングに至っては、あまりそういった話を聞きません。手先が器用な方で、自分で施工したという方もいますが、それはコーティング剤の種類を選んで、また様々に仕上がりが上手くいくような機材を用いて行った結果となります。ということは、自分で施工するにしても、仕上がりの美しさを保つためには、機材などかかる経費は馬鹿になりません。フロアコーティングは、施工に関して素人が施工するよりも、業者に依頼することの方が、ずっと費用の面でも抑えられる場合の方が多いのです。

そして、ここからが大切です。比較的安価に抑えるためには、コーティング剤の種類をチョイスすることです。安いコーティング剤を選択することが、賢い選択ではありません。金額も大切ですが、使用頻度に合わせた耐久性を考慮することが大切なのです。

オススメはやはりウレタン製コーティング剤が宜しいでしょう。ウレタン製コーティング剤は、比較的他のコーティング剤よりも費用が安価に抑えることができます。でも、利点はそれだけではありません。ウレタン製フロアコーティングは、耐久性がありますので、生活の中で起こりえる汚れや傷といったものに強いのです。フロアコーティングは、やはり耐久性が一番、その後の使用感に差がでます。更に、ウレタン製フロアコーティングは、温かみのある質感が特徴的で、衝撃を吸収する特性を持っているなど、高齢者や小さなペット、お子さんがいるご家庭で使用されるのに最適なフロアコーティングです。

こうした使用感は、お得感に直結します。お手入れが便利で、耐久性が保たれるフロアコーティングを選べることは、そのまま費用面でも経済的だといえるのです。

上手に値段交渉してお値打ちに施工しよう

フロアコーティングの種類をしっかりと吟味することは、費用面でお得感を感じるのにとても大切です。日々生活すれば、知らず知らずのうちに傷やよごれが溜まってきますから、こうしたことに対する耐久性があるということは、使用感の満足度も全く異なってくるわけです。こうした耐久性のある施工の種類を選択することだけではありません。

業者との打ち合わせの中にも、費用面を抑えてお得に施工できる手段はあります。見落としがちなことでもありますから、しっかりとポイントを抑えておきましょう。まず、業者と打ち合わせる際には、フロアコーティングの種類や施工にかかる期間、金額面などの話し合いがあるものですよね。でも、その前に業者からオススメの施工について質問したり、話を聞いたりしてみましょう。

また、業者によってはショールームを併設している場合があります。こうしたときには目を皿のようにして、お得な情報を探してみましょう。ショールームを併設する業者では、モデルとして安価で新製品の体験募集をしていることがあります。新製品の体験募集には、その後の宣伝のための宣材写真などを依頼される場合がありますが、これさえオッケーであれば、金額を半額近く下げて施工してもらえることもあるのです。こうしたケースは、一例です。しかし、このように新製品だけでなく、自社製品の場合など、宣材写真や宣伝のためなどに利用する目的で、施工を依頼されるケースは少なくありません。上手くこうした場合にあたれば、通常よりも何割も費用を抑えてフロアコーティングを受けることができるという訳なのです。そのためにも、業者との打ち合わせでは、様々な情報をしっかりとキャッチするアンテナが大切になってきます。

こうした美味しい話が無い場合でも、業者との話し合いではしっかりと打ち合わせをし、お値打ちに施工できるよう交渉することを忘れないことが経費面でも納得の価格で施工できる方法といえます。

ネット申し込みやモニター割引などの割引制度を活用しよう

フロアコーティングの費用面を抑える方法として、コーティング剤の種類や業者との打ち合わせなどをあげましたが、もちろんこれだけではありません。

その他の例として挙げられるものには、割引を上手に活用するという方法があります。割引には様々な種類がありますよね。社員割引や優待券などといった、特定の権利を持つ方に与えられる割引もそうですが、これ以外にもたくさんの割引が存在しています。

例えば、インターネットを使用して査定を依頼した場合には、インターネット割引を提示している業者もあります。また、モニター割引といった制度を用いているところもあります。こうした情報を欠かさず活用するようにしましょう。そしてこうした割引制度には多くの利点があります。もちろん費用面で安価に抑えることができるといった利点がありますが、それ以外にも、施工を丁寧にしてもらえるとか、メンテナンスの頻度がマメだとかといったことです。

比較的、ありがたい利点や特典が多いのもこうした割引の利点です。業者にしてみれば、こうしたことを活用して施工を受けた顧客というのは、その後の口コミなどに大きな影響を与える顧客でもあります。自分のところの業者を利用したことで、こんなに良い思いをしたとか、こんなに特典があってやってよかったという声が、最終的には業者の業績の上昇にもつながるわけです。なんだか、業者の裏側を提示しているようですが、でも業者側にしてみると、こうした声は自分たちの施工手法の良さをアピールできる場所でもありますから、大いに声を上げてもらいたいのです。

そのためには、納得の施工とアフターケアは必須。ですから、モニター割引やインターネット申し込みにより割引特典や、その後のメンテナンスなどのケアを欠かせないということになります。こうした特典を利用することができれば、お客さんとしては利点も増えて、さらに美しいフローリングをいつまでも楽しめるなど、良いことずくめということになります。

まとめ

フロアコーティングの費用を抑える方法は、意外と様々なところにあります。コーティング剤の種類のチョイスに始まり、打ち合わせやお得情報の確認、そして割引特典の把握など。馴染みが無いという方にしてみたら、何だか難しそうと思われるのかもしれませんね。でも、そこに多くのお得情報が隠されているのであれば、やる気になりませんか。しかもお得な情報はその後の仕上がりの満足度も挙げてくれるかもしれないとしたら、きっと頑張れちゃいますよね。貴方のお宅に合ったお得で満足度の高いフロアコーティングを探してみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る