費用面で安心なアクリルフロアコーティングってどんなもの?

一般的にフロアコーティングと聞くと、お値段も高めで、しっかりとした施工をするものという認識があるようです。しかし、近年は技術開発が進んでいることもあり、様々な種類のコーティング剤が流通しているところです。

特にそんな中、アクリル製フロアコーティングはお値段もお手頃で、便利といわれています。そんなサービスの特徴や良さについて、調べてみました。これから施工をお考えの方は必見ですので、ぜひ参考にしてみてください。

どんな床がアクリルコーティングに向いている?

アクリルコーティングは、どんな床に向いているのか。そしてどんな特徴があるのか説明していきたいとおもいます。

まずこのコーティングは、床材のつや出しをメインの用途として用いられることの多いコーティング剤です。そもそも、床材などでよく使用されるフローリングなどは、木製で作られています。木製の床材は、見た目の美しさや温かみを感じるというところから非常に人気があります。しかし、木製のものによくいえることですが、定期的なメンテナンスが必要になるものでもあります。とくにツヤ出しなどの塗布がないものは、乾燥などの原因となり、最終的には木製の内側から弱くなってゆがんでしまうことがあります。こうした破損や劣化を防ぐため、床材だけに限らず木製の素材に関しては、一定の間隔でのメンテナンスが必要になります。

ツヤ出しと呼ばれる方法は、木製の表面を滑らかにし、乾燥やゆがみを防ぐ効果もあります。こうしたことから床材にツヤ出し剤を塗布することはとても大切なのです。フロアコーティングは、こうした効能を持ち合わせているため、床材の保護にとても効果を発揮します。

気軽に使用することができるうえ、低価格で施工することができるので、賃貸などでも使用しやすいのが特徴です。ただし、メンテナンスはマメにする必要があります。この施工に関しては、頻繁に塗り直ししなければならないというデメリットがあるため、耐久性という面においては、他のコーティングよりも劣っていると言わざるを得ないのです。それでも、簡単に塗りなおせるというところが利点でもありますし、カラーバリエーションも豊富なため、定期的に気分を変えてフローリングを楽しむということもできるものでもあるのです。

この施工が向いているのは、賃貸やすぐに塗り直しが可能な部屋が挙げられますが、これ以外にも、臭いなど人体に影響を与える刺激が少ないため、小さなお子さんやペットがいるご家庭にも向いているといえます。

アクリルフロアコーティングは水拭き掃除ができない?

アクリル製のフロアコーティングは、塗り直しできる環境に適したコーティング剤であることがお分かりいただけたでしょう。

しかし、こうして塗り直しが頻繁に必要になるということは、耐久性が低いということなのです。ですから、洗剤などに含まれる薬剤や、場合によっては水拭きの水ででも、はがれてしまう可能性があります。そのため、この種類のフロアコーティング施工をすると、水拭きでの掃除ができないのだろうかと思われるでしょう。確かにこれまで施工だと、水拭きしない方がよいといわれていました。現在でも業者によっては施工後のメンテナンスとして、乾拭きでの掃除を進められている方もおられることでしょう。しかし、それは過去のお話になりつつあります。

近年、登場しているアクリル製のフロアコーティングの中には、水拭き掃除をしてもはがれない耐久性のあるものも出てきています。本来は、アクリル自体が耐水性や耐久性が低いものであったのですが、様々な改良によって、従来の製品よりも耐久性や耐水性を持たせた製品が輩出されたといえます。しかしこうした耐久性があるアクリル製のフロアコーティングでも、その目安としては概ね2年程度でのメンテナンスが必要になるようです。

それでも、従来品よりも水拭きしても剥がれ落ちないというメリットは魅力的であるため、こうした耐久性を持たせた製品の施工が人気を呼んでいるのです。

ただし、耐久性を持たせたアクリル製のフロアコーティングに関しては、どこでも扱っているものではないようですから、こうした施工を希望される場合には、事前に業者と入念な相談が必要になることは併せてご説明しておきましょう。またできないと断られているにも関わらず、無理に業者へ依頼することで、不信感につながりますし、十分なサービスを受けることができなくなってしまうので、自然に施工してくれる業者をピックアップしておくとスムーズに依頼ができるといえます。

アクリルコーティングの耐久年数やお手入れ法は?

さて、水拭きに弱いとも言われるアクリル製のコーティングですが、そのお手入れ方法はどういったところに気を付けた方が良いでしょうか。

耐久性を持たせたアクリル製のフロアコーティングなどの場合には、水拭きすることも可能ではありますが、洗剤などを含ませず、水分を硬く絞ってから拭くようにした方がアクリル製のフロアコーティングが長持ちするといわれています。こうすることで、その期間はおおむね2年程度使用することが可能なようです。

では、水拭きできないコーティングの場合にはどうやってお手入れするのが良いのでしょうか。これはやはり、乾いた布での乾拭きが一番良いようです。この時に、少しポイントがあります。というのも、拭く際の布はなんでもいいということでは、上手に汚れを拭うことができないからです。

昔は、着古した衣類などの端切れを縫って、雑巾として使用することが多かったのですが、近年は掃除に適した布地が開発されていることもあり、こうしたものを上手に活用することが賢い掃除上手といえるようです。アクリル製のフロアコーティングの場合、ホコリや髪の毛などの塵を丁寧にふき取るだけでも、そのツヤを失わせること無く使用することができます。塵やほこり、髪の毛とった屑類を掃除するには、静電気を帯びるような材質の布地を使用すると、拭った屑が布地に絡みつくため、塵が残るということが無くなります。

市販されている掃除用シートなどにも、こうした性能を持たせているものがありますので、購入の際に説明書きを確認してみると宜しいでしょう。こうした塵やホコリをマメに掃除することができれば、見た目にもフロアコーティングのツヤが損なわれることが無くなるため、比較的長くコーティング剤が維持できることになります。

通常のアクリル製のフロアコーティングの場合にはおおむね2か月程度を目安として塗り直しをすると、床材に傷が付きづらく、美しさを維持することができるといわれています。

まとめ

耐久性が低いといわれているアクリル製のフロアコーティングですが、日頃のお手入れ方法を誤らず、また丁寧に扱うことができれば、美しい状態を比較的長く維持することもできます。比較的低価格で、また塗り直しも簡単にできるフロアコーティングは、他のコーティング剤と併用することも可能です。上手に使用することができれば、常に快適な床材を美しく長持ちさせることだってできます。

これから、フロアコーティングをお考えの方は、他のコーティング剤との併用も併せて、効果的な活用方法を検討してみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る