中古住宅でフロアコーティングする際の注意点

フロアコーティングのもっとも大きな目的は、キズやヨゴレから守り耐久性を高めるためということがあります。またはフローリングの光沢を長期間にわたり持続させることもあります。新築の住居で使用前にやる方もいらっしゃる思いますが、はたして中古の物件に住んでいる場合にはフロアコーティングは可能なのでしょうか。また、中古物件にフロアコーティングが適しているのでしょうか。

そもそも中古住宅でフロアコーティングはできるのか

新築の家におけるフロアコーティングについては、耐久性や光沢をキープすることを目的に効果が発揮されることはわかります。フローリングにコーティング剤を塗ることにより硬度をもたせ、キズやヨゴレなどから守るとともに長期間の光沢を維持します。新築の住宅のフローリングだからこそフロアコーティングがしやすく、また効果が発揮されやすいという面もあります。

しかし、中古の住宅でフロアコーティングすることについてはどのようなことが想定されるのでしょうか。新築とは異なりフローリングの状態はその家それぞれによって異なります。かなり傷んでいるものもあれば、日当りのよい部屋のフローリングについては退色していたり、ひび割れそうな状態のものもあるかもしれません。また、定期的にワックスをしているなどメンテナンスが行き届いたフローリングもあるかもしれません。傷みがひどくて張替えの方がいいというフローリングもあるでしょう。つまりは中古住宅の場合には、フローリングのコンディションが異なるということなのです。

フロアコーティングの場合には、耐久性や光沢の維持という面から考えると、傷んだフローリングを補修したり、キズを消すという作業とは異なります。傷んだフローリングにフロアコーティングしたとしても、劣化したフローリングをかえって劣化させてしまうことにもなりかねません。そもそも傷みがひどいフローリングには業者が施工の判断をしないと思います。きれいなフローリングであれば可能ですが、傷みがひどければ施工は難しい場合もあるということです。中古住宅におけるフロアコーティングの可否はやはりそのフローリングの状態がすべてと言えるかもしれません。

事前に中古住宅であることを伝えておこう

フロアコーティングにおける作業の流れとしては、新築のきれいなフローリングであれば簡単なクリーニング後にコーティング剤を塗る作業に入ることは可能です(あくまでコンディションのよいフローリングの場合)。

しかし、中古住宅の場合はそれぞれにコンディションが異なることが想定されます。クリーニングはもちろんのことワックスなどが残っていればそれを剥離する作業が発生しますし、前の家主がフロアコーティングしている可能性もあります。剥離できるコーティングならばいいのですが、そうでない可能性もあります。UVコーティングやガラスコーティングであった場合には、お知らせしたとおり剥離することはできません。

また、剥離する作業は薬品などを使用するため、費用がかかることも想定する必要があるのです。フロアコーティングの業者にまずは見積を依頼する場合には、中古物件であることは前提として伝えておいた方がいいでしょう。フローリングのコンディションにより、施工内容が大きく変わるため見積の金額も変わります。それなりに傷んでいるフローリングに、10年以上などの耐久性の高い(コストもかかる)フロアコーティングはあまり意味がありません。フローリングのコンディションによって、まずは3年後まで光沢をキープできるフロアコーティングにするなど選択肢も変わってきます。キズやヒビなどがひどい場合には、まずはその補修を優先する場合もあります。あまりに傷んでいるフローリングであれば、良心的な業者は無理に硬度のあるフロアコーティングを勧めないでしょうし、短期間の耐久性のあるフロアコーティングなど提案もしてくれるはずです。場合によっては現場をまずはみてもらうという手もあります。

施工前に必要なことはないか、確認しよう

やはり中古の住宅においては、新築の住宅と異なりフローリングのコンディションに合わせたフロアコーティングの選択が必要です。しかも、できるだけフローリングを傷めずに、しかも少しでも耐久性をのばす方法の選択となるのです。見積をとる場合には、フローリングのコンディションを伝えなければならず電話一本などではとても難しいとも言えます。中古住宅の場合には実際にフローリングの状態をみてもらうのが早いかもしれません。

検討後、予算やコーティングのチョイスなど、具体的に話がまとまってきた場合に注意することはあるでしょうか。施工前には必ず業者がフローリングの状態を確認するので、キズや傷みの具合など、どのような施工のリスクがあるかを聞いておくのがいいでしょう。傷んだフローリングに施工することはリスクを伴うものであり、事前によく話しあっておく必要はあります。「できます」という言葉とともにすぐに施工してしまう業者も考えものです。良い業者であればさまざまなケースに備えてしっかりと調査し最適な提案をしてくれるはずです。やはり施工前にきちんとていねいな対応してくれる業者は安心です。

施工することが決まった場合には、施工日を決めることになりますが、施工期間には1日から2日は時間がかかります。家財道具などの移動やその間の部屋の使い方については、どのようにするかを想定しておいた方がいいでしょう。コーティング剤の乾燥の際やにおいが充満している場合など、その部屋に入れないこともあります。場合によってはその間だけは外泊という可能性もあるのです。中古住宅のフローリングといえども、その後、何年間の耐久性と光沢を左右するフロアコーティング。じっくりと選びたいものです。

まとめ

中古住宅でフロアコーティングする場合には、新築の家とは大きく状況が異なります。フローリングの痛み具合や種類(合板や無垢など)、コーティングがすでにされているかどうか、ワックスの残留など多くのことを調べる必要あるのです。ある意味では中古住宅の方が現地調査が必要な場合もあるでしょう。多くの現場をみてきた業者とやりとり、またアドバイスをもらうことでよりよい選択ができるのではないでしょうか。

TOPへ戻る