フロアコーティングでサンプルを取り寄せる方法

フロアコーティングを行いたいと希望していても、一言にコーティングといってもその種類は幅広いものですから、コーディングの知識がないと一体どれを選べば良いのか分からないという人は多いはずです。そんな人は、業者からサンプルを取り寄せて、事前に比較検討してみることをおすすめします。こうしたサンプルは返却無用の事が多い為に、様々な方法で強度を試してみましょう。取り寄せ方法や注意点をご紹介します。

サンプルを取り寄せるべき理由とは

掃除も楽でキズにも水にも強いフロアコーティング。しかし、その作業は必ずしも成功するとは限りません。もしも自分が思い描く理想のコーティングにならなかった場合、高い料金を払っているのに残念な思いをする他ありません。フロアコーティングの中でも失敗例はいくつかあります。いくつか例を挙げると、思っていた以上に光沢が無かった、柔らかくてキズが付きやすい、歪が出てしまう、床材とコーティングの種類が合わなかったなど、様々なトラブルが起こり得ます。

依頼する側はコーティングを行う事が初めのことが多いので、そもそもコーティング種類の選び方や施工後のお手入れ方法や注意点など知っている人はあまり居ません。業者は依頼者に対し、丁寧で分かりやすい解説を行う必要がありますが、実際に手に取って目で見て貰う以上の解説はありません。優良業者であれば、サンプルを必ず提示しますし、依頼者の手元で比較検討して貰うように配慮する筈です。もしもサンプルも用意されず、僅かな相談でコーティングの方法を紹介されたのならば、それはあまりおすすめできる業者でないと言えるでしょう。

しっかりとした施工を行って貰えるかの判断を、サンプルが提示されるかどうかを基準に考えても良いかもしれません。サンプルを手に入れれば、ツヤや光沢などが自分のイメージしている通りであるか、また柔らかさはどうかをしっかりと見極めましょう。どれぐらいの衝撃でキズが付いてしまうのかを実験したり、落書きをした後でも水拭きやアルコールで綺麗に拭き取る事ができるのかを調べてみると良いかもしれません。高い失敗を生んでしまう前に、選ぶコーティングの特徴を把握しておく事が何よりも重要となってくるのです。

どうやってサンプルを取り寄せるの?

フロアコーティングをしてみたいと思った人は、必ずサンプルで事前に検討するようにしましょう。コーティングの種類が違えば光沢や硬質にも大きな差があるので、何も見ずに決めてしまうのは非常にリスクがあります。サンプルの入手自体は簡単です。ネットで気になった業者のサイトへアクセスし、サンプル申し込みフォームから取り寄せるだけ。送付方法以外であれば、展示場でサンプルを見る事ができる場合もあります。

展示場は、部屋全体を展示しているケースが多いので、コーティングした部屋がどういった雰囲気になるのかが分かりやすく、便利だと思われます。中には送付サービスも展示も無く、サンプル自体も無い業者もあるかもしれませんが、オススメできません。サンプルを入手する前に業者を選ぶ必要があります。この時点で優良業者か悪質業者かをしっかり見極めておく必要がありますが、どういった点を重視して業者を見極めるべきでしょうか。ホームページ上に誇大広告が多すぎないかをチェックして下さい。他社と比較して明らかに料金が低く設定されている場合は、後で身に覚えのないオプションを加えられたりする可能性もあり、危険です。コーティングの種類の説明が明記されているか、種類によって、それぞれにデメリットとメリットが書かれているか、コーティング剤の注意点や、施工後のトラブルに対処してくれるかどうかの旨が書かれているかもチェックして下さい。

また、リフォーム会社などの業者がコーティングを行っている場合もありますが、フロアコーティングを専門で行っている業者の方が、よりコーティングの技術も経験数も高いので、満足できる施工をしてくれるかと思います。上記の点を踏まえて、是非、優良業者を選んで下さい。 

サンプルで見ておくべきポイントとは

フロアコーティングを行う前には、サンプルの取り寄せが大事であると紹介しましたが、サンプルが届いた後、具体的にどこを重視して比較するべきでしょうか。サンプルを取り寄せる際は、必ず数社から取り寄せましょう。業者によってコーティング技術や性能に大きな違いが存在します。必ず数社ピックアップして、サンプルを比較検討するようにしましょう。サンプルが届くと、まず注目しておきたいのが硬質や光沢。

コーティングが同種類でも、業者によって差がかなりあるかと思います。硬質が高過ぎれば、ヒビ割れなどにも繋がる危険がありますし、柔らか過ぎれば傷つきやすい為、最適な硬さを選ぶのは中々難しいかもしれません。多くの人が、光沢の出るコーティングを選びたいと思うものですが、光沢が強過ぎてしまえば不自然に映ります。また、滑らかさが欲しいと思う反面、滑りやすいフローリングを選ぶと大変危険です。このように、コーティングの種類に迷ってしまえば、どのような生活を送っているのかに焦点を絞って考えてみると良いでしょう。小さな子どもやお年寄り、ペットがいる家庭であれば、滑りやすく硬質の高いコーティングはあまりおすすめ出来ません。

フローリングは家族が毎日接する場所ですので、自分の家の生活スタイルに根差したコーティングを選ぶよう心掛けてみると良いでしょう。届いたサンプルは送り返す必要もないので、ただ見て触るだけでなく、水をかけて耐水性を調べてみたり、擦ってキズが付きやすいのか、落書きをしても直ぐに汚れが落ちるのかどうか、叩いたり踏んで硬質を調べてみるなど、様々な実験を行うとよりよいコーティングが選べられます。分からない事があれば業者に相談し、失敗のないフロアコーティングを目指しましょう。 

まとめ

コーティング施行を行った人は、施工後のフローリングを見てあまりの変貌ぶりに驚くと言われています。フローリングが汚くなったからといって直ぐに張替やリフォームを行わなくても、コーティングだけで見違えるように綺麗になるのです。しかし、光沢やツヤが出過ぎ、イメージしていたのと違う、といった戸惑いの声も中にはあります。このようなイメージの齟齬を無くす為に、サンプルを取り寄せ十分な比較検討を行いましょう。

TOPへ戻る