東京でおすすめのフロアコーティング業者

綺麗に掃除しているつもりでも意外と汚れているのが床です。食べこぼしやペットの粗相など、きちんと掃除したつもりでも、床に汚れが沁み込んでいる場合もあります。またちょっとした家具のこすれなどにより小さなキズがあちこちにできてしまうこともあります。新築の頃と比べて輝きもなくなったけれど、床を張り替えるには予算が…という人にお薦めなのが、フロアコーティングです。リフォームに比べて少ない費用で床の輝きを取り戻し、さらに汚れを防止することができるのです。

ネイチャーホーム

都内に本社のあるネイチャーホームは、地元密着型の企業です。東京の企業だからこそ、東京の暮らしを熟知していると言えるでしょう。ネイチャーホームは私たち顧客の悩みや要望をよく聞いてくれます。また、費用についても私たちの希望を聞いてくれ、予算が大きくかけ離れたりせず、無理のない提案をくれます。施工内容についても、これはどんな作業をするのか、材料は何か、どんな効果があり、耐久性はどうかなどを、素人にもわかりやすく説明してくれるので安心です。

フロアコーティングというと、新築の時にするものと思われがちですが、すでに住んでいる住宅にもネイチャーホームは対応しています。日々の暮らしの中で床に傷がついてしまうのは仕方がないことだと思っていませんか。どうせ傷があるから、コーティングしても仕方ないと諦めていませんか。ネイチャーホームは表面の傷や汚れを綺麗に落としてからコーティングを施しますので、まるで床ごとリフォームしたように綺麗になりました。また、フロアコーティングを行うと長期間その状態が保たれるので、ワックスがけなどの煩わしさがなくなります。

ネイチャーホームはフロアコーティングだけでなく、お風呂やキッチンの水回りや、ガラスや大理石などの汚れが気になるところや汚したくないところにもコーティングをすることができます。ネイチャーホームは何よりも客との会話を大切にしている会社です。自分たちの住まいをコーティングする時に、どこまでしたらいいのか。どんな施工がいいのか。そんな疑問があっても、とことん話を聞いてくれて一番適している施工を提案してくれるので、安心して任せることができる企業だと思います。

ウェイ・フォーメーション

フロアコーティングをしたいけれど、いくらかかるのか。だいたいの金額を知りたいけれど、業者を呼んで見積りをしてもらうと断りづらいのでは。今、見積りをしてもらっているけれど、その金額が高いのか安いのか適正価格がわからない。そんな悩みはありませんか。ウェイ・フォーメーションはホームページ上で自分で見積りをすることができます。

業者に見積りをしてもらうほどではないけれどという人には嬉しい機能です。床のコーティングだけでなく水回りや収納の価格も明記してあるので、予算に応じて色々組み合わせを考えることができます。また、ウェイ・フォーメーションは実店舗を持たないインターネット上にある企業で、ショールームがない分経費が抑えられるので、その分価格に反映することができるのです。

フロアコーティングもガラスコートRhineという製品で、フローリングにガラスの膜をコーティングする技術です。ガラス成分が原料なので、ペットや赤ちゃんが間違って床を舐めても問題がなく、日常生活でつく小さなキズを防ぐことができます。また、コーティングにより撥水効果がありますので水拭きもでき、帯電を防止する効果もありますのでホコリが付きにくくなります。煩わしいワックスがけから解放されるのも嬉しいです。

シリコンガードProは今では主流となった室内で犬を飼っている家庭におすすめです。フローリングの床は滑るので、犬の足への負担が大きく関節炎や脱臼などの恐れもありますが、シリコンガードのコーティングは石油による成分やロウなどを含んでいないので滑りにくくなり、犬の足への負担が減ります。また、汚れが浸透するのを防ぐ効果もあるので、もし犬がトイレなどを床でしてしまっても掃除が簡単です。

ピーアンドアール

ピーアンドアールが手掛けるフロアコーティングは通常のワックスとは違い、フローリングにツヤが出るだけでなく汚れや傷がつきにくくなり、日常の掃除の手間を楽にしてくれます。エデルステインコーティングシステムという独自の工法により、新築時と同じような輝きを取り戻し、建物の老朽化を防ぐことができます。もちろん床だけでなく、トイレや浴室などの水回りや玄関や外壁などにもコーティングをすることができます。

フロアコーティングとしては、フローリングの床だけでなくPタイルや長尺シート、クッションフロアなどという床材にも塗布することができます。特徴としては、フローリングでは禁止されている水拭きや洗剤を使っての掃除ができるようになります。また、耐水性があるので、水をこぼしたままにしていてもワックスのように溶けたり剥げたりすることもありません。

ノンスリップタイプのコーティングで小さなお子様やお年寄り、ペットにも安全です。コーティングの効果は5年以上続くので、フローリングの寿命が長くなります。コーティング剤も施工場所と目的によって選ぶことができます。UVコートは耐久性や耐熱性など全てにおいて高性能な分、高価格になります。

ガラスコートはUVコート同様耐久性、耐熱性に優れていますが、ガラスでコーティングするので防音や、クッションフロアなど弾力性のある床材には向いていません。シリコンコートはペットのいる家庭に選ばれていて、価格も抑えられます。水性ウレタンコートは最も安価なコーティング技術ですが、耐久性や耐熱性は他のものに比べて劣ります。このように様々な選択肢がありますので、コーティングする部屋の用途や予算により、自分で好みのコーティング剤を選ぶことができます。

まとめ

フロアコーティングを考えた時に、どこに頼んだらいいのか悩むのではありませんか。できれば地元に密着している信頼できる業者にお願いしたい。そう思っている人にお薦めの3社を紹介させていただきました。コーティング技術は各社それぞれ特徴があるので、自分にあったコーティングがわからない場合も相談しながら決めることができます。

また、どの会社も費用を明確にしているので、いざ施工をしてもらったら余分な費用がかかったということもありません。気軽に相談できるのが、何と言っても地元企業のいいところです。

TOPへ戻る