ペット対応のフロアコーティング業者3選

ピカピカの床は見ていてとても気持ちいいですが、実は犬や猫にとってはとても危険なのです。特に犬はケガの66%が室内での事故であり、脱臼や骨折などのケガが多いというデータがあります。これはフローリングの床がつるつるしているので、犬が歩く時に関節に余分の力がかかってしまうためです。犬は床に爪を立てることができず、滑ってしまうからです。猫は犬ほどケガの心配はありませんが、爪でフローリングを傷つけてしまうこともあります。

愛犬の床

フロアコーティング専門の会社として20年以上の歴史のある会社です。室内犬のケガの多くが家の中で起きているのが実情です。愛犬の床は、そんな室内犬のケガを少しでもなくしたいと、獣医師やドッグトレーナーなどの専門家からのアドバイスをもとに、犬の足に負担の少ないフロアコーティングの技法を開発しました。

愛犬の床のフロアコーティングは、独自の防滑性能によりどんなに愛犬が走り回っても安全な床を実現させました。また、犬や猫などを飼っている人にとって、床の汚れも悩みの一つです。食べこぼしやおしっこなどを長時間放置してしまうとその部分がシミになってしまったり、さらには、そこから腐ってしまったりするなど、大変な事態になってしまうかもしれません。

また、犬や猫の爪で床に小さなキズがついてしまいます。これらの床の不具合は、ひどくなってから修繕しようとすると、高額な費用がかかってしまいます。そんな悩みを解決してくれるのが愛犬の床のフロアコーティングです。30ミクロンの樹脂膜でフローリングを覆うことにより、おしっこや水などの浸み込みを防ぐばかりか、汚れ掃除も楽になります。

そして何よりも嬉しいのが、施工が1日で終了することでしょうか。他のコーティング会社によっては、1、2週の間は水や薬品類をこぼさないこと、テープなどを貼らないことなどの注意が必要なところもありますが、愛犬の床は光重合硬化という技術によりその日のうちに施工を終わらせることが可能なのです。これは、仕事や学校などで家を留守にしがちな私たちにとって、とても嬉しいことです。人間は水などをこぼさないように気を付けていても、留守をしている愛犬たちがそれを守れるとは限らないのですから。

優床

愛犬のためにはフロアコーティングをした方がいいと思いませんか。今は大丈夫でも、滑りやすい床でケガをしてしまう危険性はいつも孕んでいます。また、水やおしっこなどの汚れも気になるところです。私たちが一緒にいてすぐ掃除ができればいいのですが、例えば動物だけでの留守番の時などは、何時間も放置してしまうことになるのです。

今は、動物も室内で飼うことがほとんどで、誰よりも家で過ごす時間が長いのがペットなのです。そんな動物が快適に安全に過ごせるわが家にしませんか。床のスーパーコートならば、フローリングに硬度の高い塗膜を形成します。ペットの爪による傷にも対応しています。また耐久年数も30年と長く、これからもずっと動物たちと暮らしていきたいという人にお薦めです。また、20年間の保証期間がありますので、途中でもしコーティングに不具合が見つかっても保証期間が長いので安心です。耐久性も薬品への耐性も大変優れており、滑りにくい床にするとともに掃除の煩わしさが軽減されます。優床のお薦め商品です。

また、コーティングをしたいけど費用を抑えたいという人には優床グリップコートをお薦めします。グリップコートももちろん薬品への耐性や滑りにくいなどの高水準の性能があります。ただし、スーパーコートに比べて耐久年数が15年と短くなっています。予算の問題だけでなく、今いる愛犬が最後で次にはもう飼う予定がないなど、自分の都合に合わせて選ぶことができます。

ペットの健康のためにフロアコーティングは施工した方かよいでしょう。しかし、人間側にもいろいろ都合はあるでしょうから、複数の施工技法から自分に合わせた商品を選ぶことができるのは大変嬉しいことです。

ペット・コート

ペット・コートはペットに関係する家のリフォームも請け負っています。ペット対応壁紙に張り替えれば猫の爪とぎも安心ですし、庭のフェンスや屋上にドッグランを設置するなど、人間と動物が住みやすい家を提案してくれます。その中でも特に最近注目されるのがフロアコーティングでしょう。長い間室内で犬を飼っていると、水やおしっこによる床の汚れや爪による傷などが気になりませんか。特に水分はそのまま放置しておくと、シミができるだけでなく床材が腐る原因にもなりかねません。また、フローリングの床は人間が思っている以上に滑りやすく犬にとっては実は大変危険なものなのです。

ペット・コートの施工するフロアコーティングでこれらの悩みを解消することができます。水拭きができるようになるので、水やおしっこの汚れも楽に掃除ができます。また、滑り防止のコーティングなので、犬が滑りにくくなります。それ以外にも耐熱性があるので床暖房も使用できるのです。フロアコーティングの施工も2種類あります。

プレミアムはベースコートに強度の強い塗剤を使っています。その上で柔軟性に長けているトップコートを塗ることにより、ペットにとって最適な床に仕上げることができます。プラチナは、プレミアムの半分以下の価格なので、手軽に施工することができます。もちろん床を滑りにくくするので、犬や猫に負担が少なくなり、ケガの心配がなくなります。またフローリングだけでなく石材やタイルのコーティングもできますので、例えば玄関のたたきなど、ペットの行動範囲を全てコーティングすることによって、人間にとっても犬にとってもストレスのない家にすることができるのです。

まとめ

家の中を犬たちが元気に走り回っている姿を見るのはとても嬉しいものです。しかし、一見楽しそうなその光景が、実は犬たちを危険に晒しているということをご存知ですか。本来、自然の中で生活していた動物たちにとって、フローリングの床は滑り過ぎてケガをする恐れがあります。また、ペットたちが床を汚すことによって、人間側も掃除の手間がかかったりしませんか。

フロアコーティングすることにより、ペットを危険から守り、また人間を掃除のストレスから解放することができるのです。ひと口にフロアコーティングといっても、商品も費用もまちまちです。いくつかの会社から話を聞いて、納得のいくものを探すことが大切だと思います。

TOPへ戻る