フロアコーティング後もきれいな床を保つコツ

フロアコーティングのメリットの一つとしては、日々のお手入れが非常に楽になるという点があります。光沢も艶も出て、見た目にも美しいコーティング後の床は、是非いつも清潔に美しく保っておきたいものです。床が汚れた場合や、落ちづらい汚れがこびり付いてしまった場合には、どのような対処をするべきでしょうか。また、コーティング後の床に対してやってはいけない禁止事項とはどのような事でしょうか。

汚れを落とすだけなら、拭き掃除で十分

フロアコーティングをしたので汚れない、なんてそんな事はありません。フロアコーティング後の床は汚れにくいとはいうものの、普段生活をしていれば、水を零したり色が付着してしまったりといった事が多々起こります。コーティング後に汚れが付着してしまったという場合、また普段の掃除ではどのような手入れをすればいいのでしょうか。フロアコーティング後のケアについて、ご紹介したいと思います。

まずは、汚れが付着してしまった際の手入れ方法です。例えば軽く汚れてしまった場合であれば、乾拭きで十分です。擦りつけるのではなく、床を傷つけないよう、撫でるように拭き取りましょう。市販の掃除ワイパーなども便利です。掃除機を使用するのは、ローラー部分で床を傷つけてしまう怖れもある為におすすめ出来ません。乾拭きでも汚れが取れない場合であれば水拭きしましょう。醤油やソースといった色が付きやすい物を零してしまった際には、とにかく付着してしまう前に素早く拭き取る事が肝心です。砂埃が部屋に入ってくると、擦りついて細かなキズの原因ともなる為、玄関から持ち運ばれてしまわないように、普段から丁寧な拭き掃除を行う事を意識しておくと良いでしょう。

砂埃がスリッパの裏面に付着しないようスリッパの掃除も心掛け、床を擦らないような柔らかい生地の物を使用するようにして下さい。新しくキズを付けない為にも、家具類と床との接点には保護シールやフィルムを貼っておく事もおすすめします。家具を移動させる際にも引きずるのではなく、持ち上げられるのであれば持ち上げて運ぶといった配慮も必要です。普段の掃除でも箒などはキズを付けてしまう原因となり得ます。雑巾か市販の掃除ワイパーで掃除するように心掛けて下さい。

汚れがひどくなった場合はどうすればいい?

フロアコーティング後の掃除は床面を傷つけないよう乾拭きを行うだけで大丈夫ですが、汚れがひどくてこびりついてしまう怖れのある場合は、乾拭きだけでは間に合わない事もしばしば起こり得ます。例えば醤油やソースを零してしまった場合や、子どもの落書きなど、乾拭きだけでは対処しきれません。そんな時には水拭きを行いましょう。

フローリング材は水拭きにあまり適していない為、酷い汚れを落とす場合は、掃除が厄介である点を否めませんでした。フローリングは水拭きし過ぎると光沢が消えてしまい、最悪の場合には歪が生じたり、ひび割れを起こす原因にもなり得ます。かといって全く水拭きを行わなければ、皮脂などで黒ずみが激しく見た目にも劣化が進んでしまいます。フローリングは乾拭きと水拭きをバランスよく行わなければならず、掃除が難しいという側面を持っていました。しかし、フロアコーティングをした後のフローリングは、コーティング塗膜により水にも強くなっていますので、少々酷い汚れがある場合にも、気にせずに水拭き掃除を行えます。

落ちにくい汚れであれば、水で薄めた中性洗剤を染みこませた雑巾で拭き、その後水拭きで拭き上げます。あまりにも頑固な汚れの場合には、除光液やアルコールなどで拭き上げても大丈夫です。ただしウレタンコーティングには適していないケースもある為、業者に確認することをおすすめします。色が床に付着した後、長時間そのまま放置するとこびり付いてしまいます。こびり付けば汚れ部分を剥がして落とさなければならず、フロアコーティングをした後の床を傷付ける原因ともなってしまいます。汚れた際には、何よりも早急に掃除を行う事が大事ですので、汚れに対しては普段から意識するようにしましょう。   

コーティング後の床でやってはいけないこと

フロアコーティングをした後は掃除も楽です。フローリングの手入れは、ついつい疎かになりがちですがコーティングをしたからと言っても決して安心していてはいけません。長く綺麗に保ちたいなら日々の細やかな手入れが必須です。コーティングをした後は耐水性が強化されている為、水を零してもあまり気にしないという人は少なくありません。

しかし、あくまでも掃除で水拭きがしやすくなるという程度の強化ですので、拭き取らなくても問題ないという訳ではありません。床に水が零れた後、長時間放置したままにしておくとコーティング塗膜の内部まで浸透する可能性も否定できません。もしも水を零してしまった場合は速やかに拭き取る事、そして普段からの水拭きの際も水分をよく切った雑巾を使用する事をおすすめします。塩素系の化学薬品は塗料が剥げてしまう怖れがあるので使用しないで下さい。またコーティング工事後のその日から部屋に入る事は可能ですが、塗料が完全に硬化するまで多少の時間がかかります。通常1週間から、長くても1カ月近くは完全硬化に時間が必要ですので、普段から物を落としたり、衝撃を与えないよう注意を払って下さい。

普段の掃除では乾拭きで十分で汚れが酷くなれば水拭きをすると紹介しましたが、コーティングの種類によって注意点にそれぞれ違いがあります。汚れが落ちない場合、多くのコーティング法で除光液やアルコールなどの揮発性物質を使用して拭き取っても構いませんが、ウレタンコーティングだけは、これらの使用が出来ない事が多いようです。施工後は業者からお手入れ方法についての説明があると思うので、把握しておきましょう。また取り扱い説明書等も保証書と共に大切に保管しておきましょう。

まとめ

フロアコーティングをした後は、掃除も非常に楽になりますが、手入れをしなくていいという訳ではありません。汚れが付着した際には速やかに汚れを落とすよう対処して下さい。水分に弱かったフローリングもコーティング後は水拭きが可能です。強い汚れが付着した場合にはアルコールや除光液などの揮発性物質で拭きあげる事も可能です。コーティング後の床がずっと綺麗でいられるように、日々のお手入れを心掛けましょう。

TOPへ戻る