フロアコーティングの値引き交渉の方法を教えます。

フローリングを長く美しく維持できるフロアコーティングは、新居やお気に入りの部屋をきれいに見せ、衝撃からも守ってくれます。そんな憧れのフロアコーティングですが、やはり悩みの種はその高価な施工費用です。

耐久性に優れているのでコストパフォーマンスを考えればお得なのかもしれませんが、やはり躊躇する人も多いでしょう。見積もりをもらってため息をついている人もいるかもしれませんが、交渉ポイントを押さえることで予算内で施工をお願いできるかもしれません。

そもそも値引きしてもらえるのか等、実情を踏まえてご紹介していますので費用面で悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

費用は値引きできる?

憧れのフロアコーティングを施してつやつやのフローリングを手に入れたいと思っていても、高額な費用を懸念して施工を断念してしまったり、なかなか依頼できずにいたりという人も多いものです。そもそもフロアコーティング施工は業者に出してもらった見積もりよりも安くしてもらうことはできるのでしょうか。

フロアコーティングにも様々なタイプがあり、もちろん業者や部屋の広さなどによって費用は異なりますが、例えば3LDKだと比較的安価なウレタンコーティングなどでは10万円程度から、高価なUVコーティングなどだと40万円程かかります。一度施工すれば長いものでは20年以上の耐久性があり、ランニングコストがほとんどかからないとはいえ、決して安いものではありません。引っ越し時の施工や新居を購入したタイミングであれば、何かとお金のかかることも多いためできれば少しでも安く抑えたいものです。

そのためには、シンプルですが業者にもらった見積もりが予算をオーバーしていても、あきらめてしまうのではなく、まずは業者にダメもとで値引き交渉が可能か聞いてみることです。基本的に業者が見積もりを作成する場合には、後から必要金額を上乗せするとマイナスイメージにつながる為、高めに設定されていることもあるからです。

こちらから値引きの可否を確認すると、多くの業者では何か理由をつけて安くしてくれたりします。またその時に行っているキャンペーンを適用して値引きしてくれる場合や、他社で出してもらった見積もり金額を伝えることで、安くしてくれることもあります。場合によっては当初の見積もり金額から2割程度も安くなることもあるようです。

いずれにしても相場を知らなければ、適正な価格で契約することもできませんし価格交渉にも至りませんので、事前におおよその相場を調べておくことも大切です。基本的にこちらから、値引きについて触れなければ提示された金額で契約することになりますので、思い切ってまずは業者に相談してみることをお勧めします。

値引き交渉の仕方

高価なフロアコーティングの施工費用も、業者によっては値引きに応じてくれる場合がありますので、提示された見積もり書が予算オーバーだった場合は、諦めてしまう前に交渉が可能かどうかを業者に確認してみましょう。業者側としても値引きに応じることで契約に至る可能性が高いのであれば、頑張って交渉に応じてくれるはずです。

しかし一体どのような感じで交渉をすればよいのかわからない人も多いのではないでしょうか。フロアコーティングのような内装やエクステリア等の施工は、定価が無いために素人では相場がわかりにくく、また家電製品程度であれば価格交渉の経験のある人も、金額の大きさにどう交渉していいのかわからない人が多いようです。

まずはシンプルな交渉方法として、自分の予算を伝えるという方法があります。業者から提示された金額と大きくかけはなれているのでなければ、だめもとで伝えてみましょう。断られる確率は高いですが、そこから少しずつ譲歩していくことで当初の見積もり額よりもお得に契約できることもあります。

次にフロアコーティングを検討する際は、複数の業者から見積もりをもらうと思いますが、依頼したい業者よりも安い見積もりを提示しているところがあれば、その金額を伝えてみましょう。他社で契約されるよりは割引してもらえるかもしれません。他にはキャンペーンなどをうまく利用するのも一つの手です。

多くの施工業者はたいていの場合キャンペーンを用意しています。新築物件対象のキャンペーンや早期契約キャンペーンなどがある場合もありますので、引っ越しまでの間を利用して施工することでお値打ちに契約できる場合もあります。

またフロアコーティング以外にもメンテナンスやリフォームの予定があれば、その予定を前倒しして同じタイミングで依頼することで、セット割などを適用してもらえることもあります。いずれの場合も意外に簡単に割引やサービスをしてもらえる場合がありますので、とにかく相談してみることが大切です。

値引き交渉の注意点

高額な費用が必要になるフロアコーティング施工ですが、初めに提示された見積もりは値引き交渉を想定して作成していることも多い為、多くの業者が値引き交渉に応じてくれます。業者の行っているキャンペーン対象であれば、なおさら値引きをしてもらいやすくなりますし、キャンペーンの対象にならなくても、思い切って自分の想定していた予算などを相談してみることで、安くしてもらえることもあります。決して安い契約ではありませんので、当初の見積もりよりも少しでも安く契約できればうれしいものですが、交渉においては注意しなくてはならない点もあります。

最も注意したい点は、安い契約金だけにとらわれてはいけないということです。大切なことは交渉が成立し、お得に契約ができたとしても契約内容や施工レベルを落とされていては意味がないということです。内装工事やリフォームを行う業者や施工会社はたくさんあり、日々顧客を獲得すべく競合しています。その中にはあまり良い仕事をしていない業者が存在していることもあるので、きちんと自分で見極める必要があるのです。

多少のサービスには応じてくれる業者が多いのですが、中には値引きはしてもらえたものの使用するコーティング剤のクオリティを落としていたり、施工前の打ち合わせや施工時の養生などのケアが不十分だったりする場合もあります。

良い業者とは、施工技術はもちろんですが、質のよい材料を使用し、丁寧な打ち合わせや誠実な対応、そして充実した保証サービスを用意している業者です。この全てが納得できるレベルでなくても、企業努力でお客様が納得できるように誠実な仕事をしていると思える業者を選びたいものです。

不明な点や疑問に思う点は、その都度きちんと確認しておくことが大切です。この対応を面倒がるような業者は、あとあとになって不具合が見つかった際にも、対応が不十分だったりと結局は高いコストがかかってしまう結果にもなりかねません。

まとめ

内装工事やリフォーム工事のように、材料費以外のほとんどが人件費や工賃のような契約は、多くの場合企業努力で値引きをしてもらえます。業者側も値引き交渉を想定した見積もりを提示している場合も多い為、依頼する場合には相場価格や適性価格を知った上で、納得できる施工内容となるようにしましょう。交渉の仕方や注意した方が良い点など、安い契約ではないからこそ自分で情報収集をきちんと行うことが重要です。

TOPへ戻る