数年先も考えるべきフロアコーティング

コーティングを行う際は、その時の家族環境やお住まいになっている現在の建物の状況を考えた上で施工しているという人が殆どです。しかし数年先の家や建物の状況を考えて施工内容を選んでいるでしょうか。数年先には、現在の状況とは大きく異なっている可能性もあります。コーティングの効果や影響を持続させる為にも、後々の事を考えてコーティングを選び、これについての保証期間の有無等も調べるようにしましょう。

数年先を考えなくてはいけない理由

フロアコーティングの際には何を重視しているでしょうか。多くの人がその値段を検討し、同時に安全性や耐久性といった項目に着眼しているかと思います。フロアコーティンングの相場は一概には表せません。例えば最も安い油性コーティング方法はウレタンコーティングですし、最も高いのはUVコーティングであるとは言われているものの、施工するフローリングの面積にもよりますし、業者によって割引される事もあります。

キャンペーンなどを行っている時に依頼するのも安く済む方法の一つです。フロアコーティングは10万円から数十万円程とかなり高額な工事ですから、多くの人が目先の値段に捉われがち。しかし実際大切な点は、数年先を見据えたコーティングが出来るかどうかという点です。依頼時にはついつい値段ばかりに目が行きがちですが、先々を考えて施工内容を選ぶというのは非常に大切な項目です。例えば数年先ともなると住んでいる家族の状況にも変化が生じてきます。ペットが増えているかもしれませんし、子どもが産まれているかもしれません。今はまだ小さくても、数年先になれば子どももその分成長し、新たな問題が浮上しているかも知れません。新居であれば耐久性の長いコーティングが望ましいと思いますが、リフォームや引っ越す可能性があれば、耐久性が長過ぎるコーティングも無駄となります。

その時は一カ所だけフロアコーティングを施工する予定であっても、数年後には別の場所でもコーティングが必要と感じている可能性もあります。そうなれば、まとめて施工して貰った方が安く済む事も考えられます。最低でも数年先の家族や住宅の状況を考えておく事です。フロアコーティングを行う上では、先々の事も考慮しておくのがベストだと言えます。

保証期間の長さはどれくらいが妥当?

どんな工事をするにも、保証期間は気になる項目です。フロアコーティングの施工の場合も保証期間が設けられており、コーティングを選ぶ基準にもなるかと思います。フロアコーティングの種類によって保証期間も大きく異なる為に、種類別の期間を把握しておく必要もあります。保証期間の明記はコーティング業者の技術レベルの証しであるとも考えられ、保証期間が長ければ長い程、満足のいく施工ができるという証しと考えられます。

稀にですが、保証期間も明示されておらず、またコーティングの耐久年数も、十分な説明もない業者が存在します。保証期間も明記していないので保証書も無く、立会いも不十分に終わって施工を始めてしまうような業者は殆どが悪質な業者である可能性が高く、注意が必要です。依頼者側はフロアコーティング業者に相談する前に、どんなコーティングにしたいのか、どういった種類があるのか、種類別にどんなメリット面、またはデメリット面が存在するのかについて、所要時間はどれぐらいか、保証期間は設けられているのか、当日の立会いは行うのか、等々聞きたい事を全て書き出しておく事をおすすめします。

依頼者の多くが事前にホームページなどでフロアコーティングについて調べてくるかと思いますが、ある程度の基礎知識を入れておき、その上で業者に質問をするのが優良か悪質業者かを見極める最適な方法であるかと思います。保証期間がホームページに明記されていなくとも、業者に問い合わせをすれば明示して貰えるケースも多く、サイトだけで判断をするのもおすすめしません。保証期間は長ければ長い程魅力に感じますが、妥当な年数が存在します。保証期間があまりにも長いという業者は信用ができないと言えるでしょう。

フロアコーティングの種類によって保証期間も変わる

フロアコーティングを施工する際には保証期間がどれだけ設けられているかを見極める事が大事です。保証期間が長い業者は安心ですが、他社と比較し保証期間の平均を知り、あまりにも長い期間や短い期間を明示している業者は避けましょう。フロアコーティングには種類別に耐年数にも違いがあります。例えばウレタンコーティングであれば8年から10年程の耐年数と言われ、ガラスコーティングであれば10年前後とされています。シリコンコーティングは5年から10年程と言われ、UVコーティングは20年以上と言われています。

それぞれの耐年数に合わせて保証期間にも違いがありますので、保証期間の妥当性を知るには、まず種類別に見た平均耐年数も知っておく必要があるのです。ある調査によると、コーティング方法の中で最も施工されているのがUVコーティングであり、次にシリコンコーティング、ウレタンコーティングの順に続くという結果があります。UVコーティングはフロアコーティングの中でも最新鋭の種類とされ、安全性やコーティングレベルなど、どの項目を比べても品質製の高いコーティング方法として知られています。耐年数も高く、安全性も乾きも速いUVコーティングですが、しかしコーティング方法の中で最も値段が高いという一面もあります。また機材も少なく、取り扱っている業者も未だ少ない為、一見するとコーティング方法の中では最も選ばれにくいかと思われます。

しかし上記の調査からでも分かるように、多少値段が高くても品質や保証があるコーティング方法が最も望まれているのだという事です。業者や家族と十分に話し合い、メリット面もデメリット面も合わせて、自分にとって最適なフロアコーティングを考えてみて下さい。

まとめ

家族の状況は刻々と変化しますし、建物やフローリングの状況も同じです。目先の状況ばかりにこだわり、コーティング内容を選んでしまうと、数年後には大きな失敗をしてしまう事にもなりかねません。また、保証期間の有無や長さも契約時に調べておく事が鉄則です。保証期間を明示し、期間の長さも妥当である業者を選ぶように注意しましょう。数年先にもコーティングをしておいて良かったと思えるようなフロアコーティングを心掛けましょう。

TOPへ戻る