ペットのいる家庭に適したフロアコーティングとは?

ペットのいる家庭用のフロアコーティングとして、最も適しているのはどれでしょうか。以前は「シリコンコーティング」は、有害な素材が使われていたことがありましたが、現在は、有害ではない素材が使われるようになるとともに、足の弱いペットでも歩きやすい「ウレタン素材」が人気となりつつあります。

滑り止め防止には、シリコンコーティング

フロアコーティングの施工において、最も大事なのは、「見た目」はもちろんのこと、導入目的をはっきりとすることです。特に「どの場所」で採用するのか?「誰がいるところ」で採用するのか?を考えながら行う形になります。「小さなお子さんがいる家」や「ペットのいる家」の場合、かつては「UVコーティング」「ガラスコーティング」が適しており、他の施工方式だと難しい状況だとされていました。

ただ、最近の健康に対する意識の高まりにより「ウレタンコーティング」や「シリコンコーティング」においても健康や安全に配慮した素材を用いるようになっております。その中で「ペットのいるご家庭」で注目すべきは、「シリコンコーティング」という施工方式になります。この方式は、「UVコーティング」や「ガラスコーティング」が傷がつきにくい反面、滑りやすい特質があるのに対して、もともと滑りにくい施工方式である「シリコンコーティング」を採用することにより、ペットの弱い足でもしっかり支え、滑りにくくするため、ペットにとってはかなり過ごしやすい環境になるのです。

これはシリコン自体が元々柔軟性がつよいためになせるわざになります。ペットがいるから傷がつきにくいと思って「UVコーティング」や「ガラスコーティング」によるフロアコーティングの施工を選ぶ方も多いですが、大切な家族の一人である「犬」や「猫」等のペットの過ごしやすさも考えてあげ、年をとったあとも歩きやすく、楽しく遊べる部屋を提供してあげることも重要なことだと思います。ぜひ一度検討してみましょう。

シミや汚れを防止したいならUVコーティング

シミや汚れに強く、耐久年数が高いフロアコーティング方法は「UVコーティング」と「ガラスコーティング」になります。この二つは、元々傷がつきにくく、また、何かこぼしてもさっと水拭きするだけできれいになります。また、どちらも紫外線を除去す力が強いため、太陽の光を浴びても丈夫なため、それによる痛みもかなり少なくなります。この二つの施工技術については、値段的にも他に比べて高く、高度な技術になることから「フロアコーティング技術」としては機能的にも最も高い二つになります。

特に「UVコーティング」については、「メンテナンスのしやすさ」「紫外線に対する強さ」だけではなく、「摩耗による耐性」「耐用年数の長さ」と全部とってみても最高の機能をほこります。そのため、シミや汚れはもちろん、靴やスリッパ等への摩耗への耐性もあり、フロアコーティングとして、最も長くもち、一番汚れにくいものになります。また、フロアコーティングとしては一番長い施工方法のひとつであるため、技術の確立が最もすすんでいるひとつの施工方法のため、仕上がりの失敗も少なく、安全かつ確実に家の床を守ってくれるフロアコーティング施工技術になります。

ずっときれいなままで家や大事な公共の場所を守っていきたいなら、少し高いですが、「UVコーティング」によるフロアコーティング技術を採用していきましょう。20年間以上、少しづつメンテナンスするだけであなたの大切な場所をきれいなままでキープすることができます。これは、高いながらも多くの採用・導入実績を見ても実証されている結果だと言えます。高級感もあるのでお勧めです。

傷防止ならUV・ガラスコーティング

フロアコーティングは比較的高い買い物になるため、様々な面を考えて対応してくことが大事です。フロアコーティング施工技術で抜群の耐久性をもつのは、高級なフロアコーティング施工技術である「UVコーティング」と「ガラスコーティング」になります。耐用年数だけで考えると「UVコーティング」が20年程度、「ガラスコーティング」が10年~20年と「UVコーティング」の方が長持ちするように感じられます。

しかし、実際は経年により、摩擦には強いものの「硬度(硬さ)」が柔らかいため、モノをおとしたときの傷やいたみが残ってしまいます。一方、「ガラスコーティング」については、フロアコーティング施工技術の中では抜群に硬度が硬く、傷がつかない上に、「UVコーティング」が紫外線を除去する効果があるのと同様、その性能は少し落ちるものの、かなりの量の紫外線を排除してくれます。また、その硬さゆえにかなり勢いよくモノをぶつけない限り、本当に傷がつかないので、お子様のおもちゃ傷やペットの爪傷などへの耐性も強く、劣化することも少ないです。

そして、特に一度ガラスコーティングをすると経年劣化による剥がれやひび割れ等の劣化現象が少ないため、ずっと見た目をきれいに保つことが可能です。ただし、ガラスコーティング技術については業者による施工レベルが大幅にかわるため、きちんと業者を実績や施工件数から見分けて最も信用できる業者を選んでいきましょう。

また、新築物件については、威力を発揮しますが、中古住宅等で床の傷みが大きい場合には、ガラスコーティングができない可能性がありますので、こちらについては、ウレタンコーティング、シリコンコーティング等のフロアコーティングの施工方法を検討してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、いろいろな目的や特性に応じたフロアコーティング施工技術について取り上げていきました。高いお金をかけて、何十年も付き合う家の床をできるだけ傷めずに大事な家族を考えながら施工することが大事だと思います。当然きれいさも大事ですが、みんなのことを考えながら何が一番よいかをじっくり考えて施工を行いましょう。

TOPへ戻る