最新型のフロアコーティング!ガラスコーティングって何?

今回は、最新型のフロアコーティング技術である「ガラスコーティング」について紹介していきたいと思います。赤ちゃんやペットがなめても安全で、フロアコーティング方法としては、いいことだらけのガラスコーティングについてじっくりと検証していきます。ガラスコーティングとはそもそも何か?何か欠点はないのか?などなど一緒に最後までみていきましょう。

ガラスコーティングのメリット

ガラスコーティングのメリットは、塗料の膜が薄く、コーティングの仕上がりの光が必要以上に強くなく、施行した前後での見た目があまり変わらない点です。
そのため、通常のフロアコーティングだとせっかく家具や家電をシックな感じにしたのに施行した結果光沢がありすぎて部屋のイメージが大幅に変わってしまったということもありません。
また、無機質のガラスの液体を使っているため、「赤ちゃん」や「ペット」が誤ってなめてしまっても健康被害があまりない点にあります。

それに異物の混入率が少なく、透明感のあるきれいな仕上がりになり、水拭きでも洗剤でも軽くふくだけで掃除ができるため、気軽にお手入れができる点かなりメンテナンスが楽です。
UVコーティング等を行うには、特殊な高価な機械が必要となり、すぐには始められませんが、この「ガラスコーティング」ですと気軽にだれでも高価な機材を購入せず気軽に始めることができるため、全国でガラスコーティングをできる会社が多いため、施工業者を見つけやすく、また、料金についても競争の原理が働いているため、比較的安く導入することができます。

UVコーティングに比べてUV効果は低いですが、UV対策効果もあり、また、30年近くもつ長持ちのフロアコーティング技術です。これらのことを総合しても、あまりデメリットが感じられず、またメンテナンス等もあまり必要ないことから、一戸建てからマンション・アパートの床までそれなりの値段はするものの、フロアコーティングの中では比較的導入しやすいコーティング技術といえるかと思います。

ガラスコーティングのデメリット

ガラスコーティングのデメリットは、施工業者が高額な機械が必要なく、気軽に始められるサービスのため、仕上がりにかなりのばらつきがでてしまうことにあります。
これにより同じ「ガラスコーティング」をしてみたものの、「仕上がり」に大きな差がでてしまったり、まだ、新しい技術であるため、実際に30年もつといわれても実例が著しく少ない点にあります。
また、ガラスである故に残念ながら「強い衝撃」に弱かったりします。さすがに簡単には割れたりはしませんが、「かなり重いもの」を高い位置から落とすと落としたところにひびが入ってしまい、修復ができにくくなってしまったりします。特にお皿を割ったときなどは、「そのまま突き刺さったり」、「床も割れてしまった」ということもあったりするようです。

それと一番のデメリットは床に傷がついてしまった場合、床の補修はほぼ不可能という点です。これは、そもそも小さなお子さまやペットを飼っている家の方がなめても大丈夫という点から安全性でこのガラスコーティングを選ぶケースも多いのですが、一方でガラスコーティングは前述したように強い衝撃に弱いだけではなく、小さな子供が傷をつけてしまうと、ホームセンターの補修道具や再度の施工がかなり難しい状況です。このあと何か解決法が出てくる可能性もありますが。
また、最後にでてくるのは、「UVコーティング」よりは安いもののほかのコーティング方法に比べてやはりかなり割高なものになるという点です。ただ、他のコーティング方法に比べてメリットが多く、デメリットは少ないですが、一番優れているフロアコーティング方法とはいえると思います。

従来のフロアコーティングとの相違点

「ガラスコーティング」と従来のフロアコーティングとの相違点はなんといってもその「硬さ」と「耐用性」にあると思います。まず、硬さについては、最高級のフロアコーティングである「UVコーティング」よりも圧倒的に強く、また、UVコーティングよりは少し劣りますが紫外線に対する耐用も強く、酸化もしにくいため、「長く」「状態をあまり変えず」耐えうるフロアコーティング技術になります。また、「硬さ」については、その硬さゆえにまず傷がかなりつきにくいうえに、UVコーティングや他のコーティングだとつきやすい「ひっかき傷」や「摩耗による傷」等がつきにくい施工方法になります。

このため一度施工すると20年~30年間ほぼ全く同じ状況で状態を保つことが可能になり、光沢のあるなしやレベルを変更することもできることから、もともとの美観を損ねず施工することができます。それと健康に害になりにくい物質を使っているため、「小さな子供」や「ペット」が何かをこぼした時やなめたときでも、特に健康に害がなく、安心できます。こういった意味ではフロアコーティングとしては、最強のコーディング方法ですが、前述したようにまだ確立されて浅い技術であり、まだ施工実績も少ない業者も多いため、残念ながら施工レベルのばらつきが激しい施工方式になります。

また、そのように業者のレベルにばらつきがあり、仕上がりにばらつきがある施工方式でありながら、強い衝撃等で割れてしまった場合、再施工や補修がかなり難しいため、一度壊してしまうとそのままにしておかなければならないのは他の施工方法との違いだと思います。また、UVコーティングよりは安いもののまだまだ高い施工方式のため、施工方法が決まっても家族でじっくり検討して、業者も選ぶべきかと思います。

まとめ

ガラスコーティングについていろいろと検証してみましたが、やはり他のフロアコーティング方法に比べると若干割高なものの、デメリットよりも確実にメリットの方が多いです。確かにペットがいる家だと補修が難しい点を考えるとあまり合わないかもしれませんが、長いめでみると通常の家庭ですと最も良いフロアコーティング方法だと思います。また、施工会社により大きなばらつきがある方法ですので施工の際はきちんと比較し、施工実績の多い業者に頼むようにしましょう。

TOPへ戻る