ガラスコーティングとUVコーティングの性能比較

これまではその光沢のよさと技術として施工実績の多さから高いながらも最も総合力の高かったフロアコーティング方法は「UVコーティング」でした。ただ、ここ最近出てきな最新の「ガラスコーティング」という技術により、一気に人気が傾いてきております。今回は、これまでフロアコーティングにおいて最高技術であった「UVコーティング」と最新の技術である「ガラスコーティング」について比較検証していきたいと思います。

UVコーティングに対するガラスコーティングの優位性

これまではフロアコーティングにおいては、「UVコーティング」が最高技術とされてきました。ただ、最近は総合力として「ガラスコーティング」という技術が出てきております。「UVコーティング」は長く続けられてきた施工方式であり、安定性はあるのですが、味のある良い光沢がでる一方金額も高く、また、すぐに割れやすく、ひびが入ってしまうというマイナス点がありました。一方ガラスコーティングは、かなり安くおさまる上に、硬さがあるため、ひび割れが少なく、またUV対策もされ、酸化もすくないため、長い期間の耐用性があります。

それと、通常の自宅等あまり光沢を求めない場所であれば、UVコーティングはかなり目立つほどの光沢になるため、施工前と施工後の見た目が大幅に変わるため、本当に光沢をつけたいところ以外には向きません。一方、ガラスコーティングの場合は、光沢の有無をレベルで変更できるため、シックな感じを保ちたいとか、アジアンテイストのままにしたいなど、そのままのイメージを保ちたい場合は対応がしやすいためおすすめできます。

また、例えば音楽教室やダンス教室などのスリッパや靴、足の汗等で摩耗が激しい場所は、UVコーティングの施工の方がかなり強みがあります。最終的にはそれぞれの施工技術について、予算と利用目的などをじっくり検討していきましょう。それぞれのフロアコーティング施工技術によってかなりばらつきがあります。長い間付き合う家の床です。できるだけ傷めず、できるだけ汚さず、きれいなまま保てるようにそれぞれの特性を信用ある施工業者とともにじっくり考えてから施工しましょう。

ガラスコーティングに対するUVコーティングの優位性

「ガラスコーティング」に対する「UVコーティング」の優位性はその光沢と安定性にあると思います。「UVコーティング」の優位性は、「フロアコーティング」として長い間、最高峰に君臨し、長く愛されている技術であるが故に、技術改良もなされる中、安定し、技術が確立されている点です。そのため、特に「音楽教室」や「ダンス教室」が多いですが、「独特の風合い」の「光沢」の感じがイメージしやすい点にあります。あの高級感のある「グランドピアノ」のような光沢はUVコーティングでしか味わえない光沢です。

また、最初に書いたように「ガラスコーティング」はフロアコーティングとしては、最近始められたフロアコーティング技術のため、その総合的な評価により著しく施工業者は増えてますが、高い機械も必要ないため、誰でも参入できることもあり、そのためか多くの慣れない施工業者が増え、「ガラスコーティング」の施工を全国で行なっております。ただ、残念ながらまだ始まったばかりの技術のため、業者ごとに施工クオリティにおいてかなりのばらつきがあり、業者の選定が大変ということがあります。また、同時にまだまだ「UVコーティング」に対して「ガラスコーティング」はかなり新しい施工方法であるが故にまだ、実例と長い間経過した「実証データ」が少ないため、何が起こるかわからない施工方法になります。

そういう意味では、「UVコーティング」はかなりの長い間音楽教室やダンス教室等で実用され、スリッパ等の摩耗にも耐えてきているため、その経過状況も耐用年数も確立されているため、やはりフロアコーティングではまだまだ最高級の施工方法であることは間違いないと思います。

状況に応じたガラスコーティングとUVコーティングの選択

どちらがよいかに関しては、利用用途と金額によって、選択していくと良いでしょう。どちらも今フロアコーティングとしては、最高峰に位置しており、「どういうイメージ」なのか、「何に使うのか?」をもとに検討していきましょう。例えば、「音楽教室」や「ダンス教室」などの多くの人が出入りする場所、「高級なブティック」や「クラシックなどの会場」等は高級感を出すために「UVコーティング」は親しみやすく、イメージがしやすいうえに、実例が多いため、安心して使えると思います。

一方、家庭において「フロアコーティング」をしたい場合は、ほとんどのお宅では「フロアコーティング」をする場合は、「掃除等メンテナンスを楽にしたい」「家に耐用性をもたせたい」「小さな子供やペットが安全に」などを目的としていると思うため、「UVコーティング」よりも「ガラスコーティング」を施すことをおすすめします。当然どちらもメリット・デメリットはありますが、やはり「ガラスコーティング」における総合点は高く、また、フロアコーティングにおいて、技術の実証データや施工レベルはまだまだあまりないにしても、総合的に十分な機能を備えてあり、耐用性もきちんとしていてと考えるとやはり家庭では「ガラスコーティング」が一番良いと思います。

最終的にはよく施工業者を比較しつつ、実際に施工を行ったひとの体験談をインターネットでみながら比較するとわかることもあるかと思います。また、施工方式が決まったら長い時間付き合っていく床になりますので、安いからとあせらず、きちんと施工実績の多い業者選びを心がけましょう。そうしないと20年から30年と長い間床に悩まされてしまうことになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はフロアコーティングの最高峰「UVコーティング」と「ガラスコーティング」について比較してみました。まだまだ新しい「ガラスコーティング」もいいですが、利用用途に応じて検討してみるのもありかと思います。どちらにしても高い買い物で長くつきあっていかなければならないので、きちんとみんなで検討した上で決めた方がいいと思います。

TOPへ戻る