ガラスコーティングとウレタンコーティングの性能比較

「ガラスコーティング」は新築の予防対策としては、最も優れた「フロアコーティング」方法になります。ただ、「デコボコの多い中古住宅」だとそもそも補修がしにくい「ガラスコーティング」だと対応が難しい場合があります。今回は、そんな中大きく活躍できる「ウレタンコーティング」について検討していければと思ってます。長く施工業者が施工を続けているには何か理由があると思います。それでは一緒に検討してみましょう。

ウレタンコーティングに対するガラスコーティングの優位性

フロアコーティングにおいて、「ウレタンコーティング」は結構古くから使われているフロアコーティング施工の技術です。当然長く愛されているには理由があり、「何回も塗りなおしができ」「金額が安く」「柔軟性が高いため、デコボコの多い床でも対応できる」という点があります。このあたり、中古住宅等古い建物に対してはかなりの優位性になります。一方マイナス点としては、一番は耐久力かと思います。柔軟性が高い「ウレタン」ということもあり、素材自体が柔らかく、削れやすいため、そこまで長くもつ素材ではない上に日光や摩耗にも弱いため、その耐久性はあまり期待はできません。

そのため、あくまでも「中古住宅」等で見栄えをよくするため、ぼこぼこの床をきれいに見せるため等には良いかと思いますが、耐久性と安心を買うのであれば「ガラスコーティング」を施工に選ぶ方が賢い選択だと思います。「ガラスコーティング」は「ウレタンコーティング」に比べて耐用性が大幅に高いうえに、「酸化しにくく」「紫外線」に強いため、劣化が大幅に少なく、傷つきやすい「ウレタンコーティング」とは違い、傷がほとんどつかないほど硬いため、長く利用することが可能な施工方法になります。

また、ウレタンコーティングの場合、なめてしまったりすると有害な物質が入っておりますが、「ガラスコーティング」の場合は、健康に被害が少ない物質でできてますので、「小さな子供のいる家庭」や「ペットのいる家庭」ですと何かあった場合に健康に害をなすことが少なくなります。それを考えると値段的にはかなり変わりますが、新築やあまりデコボコが気にならない家にフロアコーティングを施工する場合は、総合的に見た場合、ガラスコーティングが一番良いかと思います。

ガラスコーティングに対するウレタンコーティングの優位性

「ガラスコーティング」に対する「ウレタンコーティング」の優位性はなんといっても「その安さ」と「その柔軟性」にあるかと思います。具体的には、ガラスコーティングだと大きなオウトツやデコボコがあったりそもそもの素材が柔らかい素材でできている場合、どうしてもガラスコーティングだと対応できなかったりします。これは、ガラスコーティングも液体のため、対応できなくはないですが、その特性上、ある程度は対応できてもウレタンコーティングほどの対応力はもってません。また、ガラスコーティングは一度施工してしまうと補修等難しいこともあることから、今後補修が必要になりそうな木材や材料でできているものの場合、そもそもガラスコーティングをしてしまうと、補修がしにくくなってしまうので適してません。また、再施工がすぐにはできないもののため、痛みが激しい建物や古い建物に柔軟に対応することが難しいと思います。その点、ウレタンコーティングは何度でも再施工でき、また、補修についても比較的容易に対応できることから、素材の柔軟性と補修の楽さ、あと耐用年数は少ないながらも費用面を考えた場合、ウレタンコーティングは選択肢の一つとしてはあるかと思います。「中古住宅」に施工するには「ウレタンコーティング」、「新築住宅」の予防については、「ガラスコーティング」による施工と考えるといろいろとやりやすい部分があるかと思います。フロアコーティング施工技術を選ぶさいはこのようにそれぞれの特性もありますので、ただ「高いから」「最新の技術だから」という選び方をせずに、目的や対象物件の傷み具合、予算もきちんと考えながら選んでいきましょう。

状況に応じたガラスコーティングとウレタンコーティングの選択

「フロアコーティング」における「ガラスコーティング」と「ウレタンコーティング」のどちらを選択するかは、実際の利用用途及び予算に応じて対応していく形になるかと思います。まずは、「ガラスコーティング」と「ウレタンコーティング」のどちらを選ぶかですが、、まずは施工する物件の床が「デコボコ」だったり「オウトツ」が多い場合は「ガラスコーティング」によるフロアコーティングをすることが難しいです。

逆に「ウレタンコーティング」ですと柔軟性が高く、素材に密着しやすいため、「デコボコ」や「オウトツ」が床にある古い中古物件でも対応できます。また、施工実績が多いため、失敗の少ないのも「ウレタンコーティング」になります。一方で「ガラスコーティング」は、まだまだ新しい「フロアコーティング」の施工方法ですが、総合面において機能性的に最も高いと言われてます。残念ながらウレタンコーティングと違い、古くて床にデコボコのある物件には対応が難しいですが、逆に新築の物件に施工すると、硬度(硬さ)が高く、傷がつきにくい上に、UVコーティングに比べて紫外線を遮断する効果も多く、また、ひび割れもしにくいことから20年以上も同じ状態で保たれるという利点があるため、長い目でみると最も効率のよいものかと思います。

また、安全性の高い素材が使われているため、「小さい子供」や「ペット」があやまって床をなめても健康に問題がないという点があります。ただ、最近では技術革新が進み、ウレタンコーティングであっても子供やペットが床をなめても大丈夫なものもかなり出てきておりますので、一度そちらも業者に確認するべきかと思います。最後は総合的に評価してどのフロアコーティング方法を選択すべきでしょう。

まとめ

今回は「ウレタンコーティング」と「ガラスコーティング」というかなり特性が違う「フロアコーティング」の二つの施工方法について検証してみました。結果としては、「物件の古さ」と「予算」「賃貸か所有か」等、それぞれに合わせてプロと相談しながら進めていくべきかと思います。でもその際、気を付けるべきことは、施工実績をきちんと確認したうえで実績と経験の多い業者を選ぶことが大事です。

TOPへ戻る