フロアコーティングでよく見かける「フォースター」って何?

F☆☆☆☆(フォースター)とは、日本工業規格において定められている、シックハウスの原因になるホルムアルデヒド等級において最上級規格となっており、建築基準法によりその基準を満たしていない建材には使用における制限がもたれております。これはシックハウス等健康被害をできるだけ増やさないために設けられたもので基準を満たしていないものについては一定以上使用ができないです。

フォースター(F)とは何か

「F☆☆☆☆」(エフフォースター)は、ホルムアルデヒドの等級において最も信頼できる「最上位ランク」を示すマークです。これは、JIS規格に基づいてつくられたマークになります。これは品質管理の一環と、消費者に対して、家族やペットの健康被害に配慮したい人に向けて安心できるようにいう目的で作られました。

ホルムアルデヒドの放散量の性能区分を表しており、公的に認定を受けた工場で作られたものにしか与えられないマークになりますので、フロアコーティングをする際の導入基準として役立ちます。ホルムアルデヒドは健康的な問題だけではなく、「シックハウス対策」として建築基準法によって使用量制限規定があります。このマークのある建材や内装の材料については問題ありませんが、もしそれ以外のものを使った場合、建築基準法という法律違反になってしまいます。
「F☆☆☆☆」(エフフォースター)の基準が満たされたフロアコーティングを利用することにより、安全で健康的な生活を送ることができるのです。

ホルムアルデヒドに関する基準の取り決めに関しては、かなり厳しい審査基準に基づいておりますので、きちんと確認したうえで決めていきましょう。フロアコーティング業者のサイトを見てみると、エフフォースターの基準を満たしているという表示を見る機会があるかと思われます。この表示があるところを、選んでおくのが賢明です。せっかく高いお金でつくった家、せっかく高いお金で施工したフロアコーティングが意味をなさず、健康被害になるようなことはできるだけ避けたいですよね。きちんと検討しましょう。

星の数は何を表しているのか

「F☆☆☆☆」(エフフォースター)における星の数は、そのままホルムアルデヒドの放散量を示しています。星が多いほどその安全性が高く、星の数が低いほどその放散量が多いことをしめしています。そのため、「F☆☆☆☆」(エフフォースター)は、ホルムアルデヒドの等級において最も信頼できる「最上位ランク」を示すマークになるのです。この「F☆☆☆☆」(エフフォースター)は、先ほどもお伝えしましたが、JIS規格に基づいてつくられたマークになります。これは品質管理の一環と消費者に対して、家族やペットの健康被害に配慮したい人に向けて安心できるようにと作られたマークになります。

このマークは、公的に認定を受けた工場で作られたものにしか与えられないマークになりますのでフロアコーティングを検討する際の導入基準として役立つものになります。最低がF☆なのですが、家の中でF☆が3面以上ある場合は、F☆☆☆という計算をします。そのため、F☆☆☆を最低の基準として考えて対応する形になるのです。フロアコーティングにおいてもこれは重要な指数となりますので、検討中の方で今まで見たことが無かった方は、今後注意してみてみましょう。

F☆☆☆☆になるには、どういう条件が必要?

「F☆☆☆☆」(フォースター)のランク付けは、JISが制定した一時間にどのくらいの量のホルムアルデヒドが放散するか測ったデータにより確認されます。
放散速度が5マイクロg/平方m/h以下がF☆☆☆☆でそれより下の20マイクロg/平方m/h以下がF☆☆☆になります。
また、120マイクロg/平方m/h以下がF☆☆と審査されます。このデータ作成には、小型チャンバー法というものが利用され、シックハウス症候群に陥りやすい、ホルムアルデヒド以外にもトルエン、キシレン等の測定も可能で、シックハウス症候群対策として有効な手段とされています。また、ホルムアルデヒドが発散するおそれのある建材と認定された建築材料は基本的に3ランクにわけられ、そのレベルにより、使う量と面積が決められます。

また、「F☆☆☆☆」(フォースター)の認定を取得する方法は2種類あり、既存のJISの「F☆☆☆☆」(フォースター)を取得する方法と大臣認定を取得する方法があります。前者はJISの認定工場にてつくる仕組みで、後者は国の認定機関に申請を行い、認可してもらう仕組みになります。通常は前者の認定をうけた工場を利用し、対応していく形になるかと思います。理由としては、その方が毎回認可をうけるよりも効率が良く、また、圧倒的に信用できる建築部材を生産・供給できるため、建築部材が不足しがちのときでも対応がしやすいというメリットがあります。

建築資材については、特に大きな地震や天災が起きた際に大量に必要になることから、一部で大震災などが起きた際は、中々建築部材にまでかまって対応することが難しくなるため、前者で対応している会社が多い状況になります。

まとめ

今回は「F☆☆☆☆」(フォースター)という安全性の観点から見た、フロアコーティングとの関連性について紹介してみました。「F☆☆☆☆」(フォースター)は、フロアコーティングの業者を選ぶうえでも重要な指針になります。どの業者か迷った際はまず、この基準があるかどうかをみて考えるようにすると良いでしょう。きちんと知識を持った上で業者に相談しましょう。特に新築物件の際に問われる内容になります。もしわからないことがあれば業者に確認を取ることも忘れないようにしてください。家と家族を守るためにも、適切な業者選びを行っていきましょう。

TOPへ戻る