クッションフロアとは?メリットデメリットも解説

フロアコーティングを採用することもひとつの手段ですが、資金もなく、賃貸物件で気軽に導入するのであれば、クッションフロアは気軽に採用でき、利便性の高いものになるため、おすすめです。実はクッションフロアの上からフロアコーティングということも可能なのです。クッションフロアならではの「低予算」「オシャレ」「防水の強さ」についても検証していこうと思います。

クッションフロアって何?どんな素材を使っているの?

クッションフロアは、「ポリ塩化ビニール」(通称塩ビ)を利用したものになります。この素材は耐水性にすぐれ、表面が硬く、安い素材でできています。カーペットのようなものをイメージすると良いでしょう。フロアコーティングを施すよりも気楽に対応できる割には、本格的なフロアコーティングに近い気分を味わうことができます。光沢感もそれなりにだせるものにもなりますし、手軽に行いたい方にはおすすめといえます。

また、一部のフロアコーティング施工技術ではクッションフロアにも対応できるようですので、そちらについては信用できる会社の方とお話ししたうえで導入すると良いでしょう。

ただ、最初にもふれたように塩化ビニールは安価な素材でできているため、長く付き合うというよりもまめに汚れたら張り替えて使っていくのが正しい使い方となります。このように、クッションフロアはその安さゆえに何かあれば気軽に張り替えれられるのが良い点に挙げられます。一般的な施工方法ではできないわざが可能なのです。それなりに丈夫ではありますので、そこまでお金をかけたくない方に向いていると言えるでしょう。

クッションフロアのメリット

クッションフロア最大のメリットは、その価格の安さでしょう。そして、施工自体もプロが行う必要がなく、容易にできるため、コストをかけずに行えます。また、重さも軽く、シート状の素材となっているため持ち運びにも困りません。ホームセンターでも購入できるので、気軽に入手できるのも良い点と言えるでしょう。カッターやハサミをつけば簡単に切れるので、自分でクッションフロアを行うことも可能なのです。複雑な床の形にも合わせやすく、初心者でもきれいに仕上ゲラれます。

また、塩化ビニールで作られているため、耐水性に関しては問題ありません。かつてはトイレやキッチンなどの水回りの床材として使われていたため、ジュースやお茶をこぼしたとしても慌てる必要がないのです。たとえ拭き取ったタイミングが遅くなってしまったとしても跡に残ることはありません。クッションフロアなら、水拭きだけでキレイに拭き取れます。これなら、小さなお子さんやペットがいたとしても安心ですよね。また、掃除に関してもこまめにお手入れする必要がありません。表面を拭くだけで済みます。そのため、子ども部屋の床材としても便利だと言えるでしょう。

また、デザインも豊富にあるというのもメリットの一つです。フロアコーティングは透明なものが多く光沢があるかないかで選ぶのが一般的ですが、クッションフロアであれば木目、無地、テラコッタ風のタイル、コルク、さらに高級感のある大理石など選択肢がたくさんあります。冒頭でもお伝えしたように、軽く加工しやすい素材ですので、張り変え時も比較的簡単にでき、アンティーク調に飽きたら次はモダンなインテリアにするといったお部屋の雰囲気作りがすぐに行えます。また、クッションフロアの利点を生かしつつ、フロアコーティング技術と合わせることの可能です。より「自由度が高く」「おしゃれ」なフロア作りが可能になるのです。

クッションフロアのデメリット

クッションフロアのデメリットとして挙げられるのは、塩化ビニールが故の質感の安さになります。木目から石材までさまざまな素材の柄を再現していますが、いくら本物に似ていたとしても素材は塩化ビニールです。触り心地は、人によっては安っぽく苦手に感じる方がいるかもしれません。また、光が反射してしまうため遠目からでもなんとなく、塩化ビニールであることが分かってしまいます。そのため、もともとビニールの質感が苦手な人は、素材を変えた方が良いでしょう。

床材を選ぶ際は、やはり実物を目で見て手で触るなどした方が確かですので、自分やコーティング会社で行う前に確認することをおすすめします。また、塩化ビニールには弾力性があるのも特徴です。そのため家具など重いものを置くと、その部分が凹んでしまい跡ができてしまいます。耐久性ではやはりフロアコーティングの方が上になってしまいます。しかし、あきらめる必要はありません。最近ではガラスコーティングと合わせられるクッションフロアも登場してきています。これにより質感の悪さや弾力による衝撃の弱さをかなり抑えてくれ、丈夫にしてくれます。そう考えるとクッションフロアはデメリットである質感と衝撃への弱さを解決できれば、あらゆる場所で利用できるのではないでしょうか。

また、クッションフロアも見た目が進化してきており、パッと見ただけでは何の素材なのか分かりづらいものが登場してきています。おしゃれな柄もあるため、模様替えの一環として手軽に行えるようになったともいえるでしょう。フロアコーティングだけではなく、この際、クッションフロアも選択肢の一つとして検討に加えてみてはいかがでしょうか?メンテナンスが容易で、飽きたら手軽に張り替えられますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、フロアコーティングよりも気軽に導入でき、かつあまりお金をかけないで済む「クッションフロア」について検証しました。クッションフロアはかなり万能なものでどんな物件にも施工でき、また、通常の木の床とは違い、印刷もできることから様々な柄でのオシャレが楽しめます。ただ、塩化ビニールが素材であるため、見た目が少し安っぽくはなってしまいますが、それでも十分な性能を誇っています。フロアコーティングを検討する際は、ぜひ、クッションフロアも検討してみてはいかがでしょうか?

TOPへ戻る