赤ちゃんや子どもがいる家庭におすすめのフロアコーティングとは

「赤ちゃん」や「子ども」がいる家庭でおすすめのフロアコーティングの施工方法は、「ガラスコーティング」もしくは「UVコーティング」だと言われております。特にガラスコーティングについては、どちらの特色にも見られる安全性はもちろんのこと、赤ちゃんや子供がおもちゃ等でつけやすい傷についても耐性があることが挙げられます。

原材料の安全性の高さならUVコーティング

フロアコーティングは一般的に改良がどんどん進んでおり、どのフロアコーティング施工技術についても安全性がかなり高くなっております。これはホルムアルデヒド等の基準である「F☆☆☆☆」(エフフォースター)がJIS規格の一つとして採用されたことによります。家を建てる際に大事な法律である「建築基準法」によって、建築資材の採用基準として資材及び塗料等の安全性が規定され、施工技術の良さはもちろん、安全性も重視されるようになったのです。

その中でも特に一番古いフロアコーティング技術の一つである「UVコーティング」においてその健康への安全性が最も顕著に表れております。元々「UVコーティング」は紫外線に強い特性を持ちますが、それ以外に他のフロアコーティング施工技術に対し、圧倒的に安全性がかなり高く、実績が多い技術になりますので、一番安心して採用できるかと思います。「お子さん」や「ペットのいるご家庭」では、あやまって床をなめてしまうこともありますが、そのようなときでも健康の安全性においても最高レベルのため、採用においては最も安心してできるかと思います。また、UVコーティングのフロアコーティングは費用が高い分、施工技術の中では最も長く持ち、経年の傷みが少ないため、長い間、安全なままの状況を保つことができます。高くても子供や赤ちゃんの健康の安全を長い時間家の建材のせいで悩まされないためにも、新築の家で設楽UVコーティングをぜひ検討してみましょう。

転倒防止にはシリコンコーティング

施工技術にはそれぞれ特性があります。「UVコーティング」や「ガラスコーティング」、「アクリルコーティング」等の他のフロアコーティング施工技術は、見た目も光沢感があるのですが、一方で光沢感がだしやすいが故にそれなりに滑りやすくなっております。これによりじつは「足腰のあまり強くないペット」や「お年寄り」の方には滑りやすい状況になっているのです。それにくらべて、「シリコンコーティング」は、耐性自体はあまり強くはないですが、その柔軟な素材が理由で、足やものをじっくりグリップして、人やものの転倒を防いでくれます。これは、本当に重要なことで、元気な子供や若者はまだいいですが、例えば、歳を重ねたペットやご老人がいる家庭では、転倒してしまう可能性があります。見栄えや傷つきにくいものをを考えるだけではなく、住んでいる人が安全でいられるかどうかについても検討するようにしましょう。いろいろな種類がありますが、「シリコンコーティング」を選択肢に入れることも重要かと思います。シリコンコーティングはアクリルコーティングと同じく、その安さが理由で施工実績も経験も多くあげられています。業者の数も多く失敗も少なく、また、メンテナンスもしやすいものになりますので、一戸建てやマンション、所有や賃貸に関係なく、気軽に取り入れることが可能です。フロアコーティングを考えていない場合でも、老人の方やペットの転倒防止という意味だけで一度検討してみて採用することもひとつの要素だと思います。信頼できる業者の方と話してみて、シリコンコーティングのグリップ性をショウルーム等で確かめてみてはいかがでしょうか?

耐久性を考えるならガラスコーテイング

フロアコーティングは何度も行うものではありません。そのため、様々な面から耐久年数を考えて対応してくことが大事です。フロアコーティング施工技術の中で抜群の耐久性をもつのは、高級なフロアコーティング施工技術である「UVコーティング」と「ガラスコーティング」になります。

耐用年数だけで考えると「UVコーティング」が20年程度、「ガラスコーティング」が10年~20年と「UVコーティング」の方が圧倒的に長持ちするように感じるのですが、実際は経年により「UVコーティング」においては、摩擦には強いものの「硬度(硬さ)」が柔らかいため、モノをおとしたときの傷やいたみが残ったりしてしまいます。一方、「ガラスコーティング」については、フロアコーティング施工技術の中では抜群に硬度が硬く、傷がつかない上に、「UVコーティング」が紫外線を除去する効果があるのと同様、その性能は少し落ちるものの、かなりの量の紫外線を排除してくれます。また、その硬さゆえにかなり勢いよくモノをぶつけない限り、本当に傷がつかないので、お子様のおもちゃ傷やペットの爪傷などへの耐性も強く、劣化することも少ないです。そして、特に一度ガラスコーティングをすると経年劣化による剥がれやひび割れ等の劣化現象が少ないため、ずっと見た目をきれいに保つことが可能です。

ただし、ガラスコーティング技術については業者による施工レベルが大幅にかわるため、きちんと業者を実績や施工件数から見分けて最も信用できる業者を選んでいきましょう。また、新築物件については、威力を発揮しますが、中古住宅等で床の傷みが大きい場合には、ガラスコーティングはあまり良い選択とは言えませんので、こちらについては、ウレタンコーティング、シリコンコーティング等のフロアコーティングの施工方法を検討してみましょう。

まとめ

今回は様々なフロアコーティング施工方法の中からそれぞれの特色や特徴に応じて検討・検証してみました。フロアコーティングの施工にあたり、当然プロに任せることは重要ですが、ある程度高額なものになりますので、最低限自分でも勉強をした上で業者に頼むようにした方がいいと思います。その上で施工実績の多い安心できる業者を選定していきましょう。それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

TOPへ戻る