ガラスコーティングとシリコンコーティングの性能比較

フロアコーティングにおいて代表的な技術である「ガラスコーティング」と「シリコンコーティング」を比較してみました。どちらもそれぞれメリット・デメリットもありますが、傷つきにくさで考えると「シリコンコーティング」の方が上だと思います。それ以外にも様々な点で、それぞれの比較検証を行っていきましょう。

シリコンコーティングに対するガラスコーティングの優位性

「シリコンコーティング」より優れている点はなんといっても「硬度=硬さ」の違いになってくると思います。そのため、「シリコンコーティング」では、素材が柔らかい分、かなり傷つきやすいです。そのため、シリコンコーティングだとなにかモノを落としただけでもすぐに傷になってしまいますが、ガラスコーティングの場合は、激しくモノを落とさない限りはかなり傷つきにくくなってます。また、シリコンコーティングの場合は膜が厚く、光沢もでやすいですが、ガラスコーティングの場合は、膜が薄く、光沢のレベルも選ぶことができることから、フロアコーティングの自己主張が少なく、部屋のイメージを変えずに済みます。

また、シリコンとは違い、「無機質の液体」をガラスコーティングは採用しているため、「小さな子供」や「ペット」がなめても安全性にあまり問題がないことも特徴にあげられます。「小さな子供」や「ペット」がいるご家庭では、どうしても、傷がつきやすいだけではなく、何か食べ物をこぼした場合、何もわからないまま、床をなめてしまったりしてしまいがちですが、その際でもガラスコーティングの場合は、その安全性ゆえに比較的安全に作られております。また、UVコーティングには劣るものの、紫外線遮断効果もあり、酸化も抑える機能があることから全体的に劣化がしにくく、20年~30年とガラスコーティングの効果はもつといわれてます。

これらを考えた場合、特に「小さなお子様」や「ペット」のいるご家庭では、「ガラスコーティング」の方をおすすめするべきかと思います。

ガラスコーティングに対するシリコンコーティングの優位性

前述したように「ガラスコーティング」の方が硬くて傷つきにくいのですが、その反面、傷ついた場合、補修が難しく、再施工もかなり難しい状態です。また、シリコンコーティングの場合、補修もホームセンター等で販売されている補修材で修繕がしやすいうえにもし、フロアコーティングの効果が薄れてきたとしても再度簡単に施工しなおしをすることが可能です。

それに付け加え、「家具」や「家電」を置いた場合には、他のフロアコーティングに比べてかなり滑りにくい素材のため、地震等が来た時にもすべりにくく、固定されるため、安定性はかなり良いと思います。それとそもそもシリコン自体がもとの素材への密着度がかなり強く、傷んだフローリング等でもがっちり密着してくれる上に、「薬品」や「水」をこぼした場合でも撥水性が高いです。総合的に考えるとガラスコーティングの方が上のことも多いですが、ガラスコーティング施工技術が自体、まだまだ新しい技術です。

施工会社ごとにかなりのばらつきがあるのに対して、施工されている件数と施工がされ始めてからかなり年数のたっている施工方式のため、メリット・デメリットがはっきりしております。施工業者でも施工方法が確立されている技術のため、ガラスコーティングに比べて施工レベルが安定しており、安心できるコーティング施工技術です。また、値段的にもガラスコーティングに比べて割安で施工できるため、その点は強い部分だとおもいます。 この辺理解した上で検討すべきだと思います。

状況に応じたガラスコーティングとシリコンコーティングの選択

「ガラスコーティング」と「シリコンコーティング」を考えた場合、どちらを選択すべきか迷う方も多いことでしょう。結論から言うと、絶対という答えはありません。それぞれの「ご家庭」や「住んでる建物の具合」などを考えて、選んでいった方がいいと思います。20年も30年ももつのが「フロアコーティング」の技術ということを考えると先々将来も考えて、その場の勢いで決めるのではなく、きちんと施工方式から業者までじっくりと検討してから施工をするべきでしょう。

特に「シリコンコーティング」の場合は、まだ補修や塗りなおしがききますが、「ガラスコーティング」となると中々塗りなおしが厳しく、そもそも割れてしまった場合の補修も難しいため、施工実績の薄い業者にやらせてしまうとそれだけで仕上がりが悪くなり、悪いまま30年近くもそのままの状態で生活するしかなくなってしまいます。あとはご予算を検討したうえでどちらの施工にするか、どの業者にするかをきっちり家族で話し合って決めていきましょう。もし予算があるのであれば、総合的にみると業者をきちんと実績が多い業者にすることを決めた上ですが、「ガラスコーティング」の方が欠点が少なく、優れていると思いますので、「ガラスコーティング」をおすすめします。

総合的にみると金額と補修性をみるとシリコンコーティングの方が上ですが、長い間きれいに保とうとすると「ガラスコーティング」の方がいいかとは思います。ただ、そこはご自身での判断になりますので、ご家族の中で他の施工方法も一緒に検討したうえであなたの家に最適なフロアコーティングの施工方法を考えてみましょう。長く付き合っていく家だからこそ、急がずに検討をしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はフロアコーティングの方法として「シリコンコーティング」と「ガラスコーティング」について比較検討をしてみましたが、あなたの答えは出ましたでしょうか?それぞれ特徴もあり、施工金額にも大きな差もでますのでフロアコーティングをする際には是非とも施工方法と業者選びを検討の上、じっくり家族で話し合ってみましょう。少しでもご参考になれば幸いです。

TOPへ戻る