フロアコーティングの需要はどのように変化していったのか

フロアコーティングってどのくらい昔からあるの?現在では、どんなコーティング方法が流行っているの?等々、フロアコーティングを始める前に知っておきたい、今のコーティングの流行や、現在の需要性についての情報をまとめてみました。これから施工する人や希望している人にとっては重要な情報になるかと思います。是非参考にしてみて下さい。

フロアコーティング登場時は何が主流だった?

フローリングが普及した昨今において、フロアコーティングという言葉は広く一般的となりました。そんな数十年近く続くフロアコーティング業界の中でも、登場当時からずっと人気を博しているのが、ウレタンコーティング。20年以上も前から存在するコーティング方法で、現在でもウレタンコーティング人気は続いています。

元々ウレタンコーティングには油性と水性の二種類が存在し、油性は揮発性有機化合物を含んだ溶剤系塗料を使用します。一方水性は揮発性有機化合物の低い、樹脂コーティング剤を使用します。ウレタンコーティングの最大のメリットは、何といっても手軽さと施工料金の安さ。耐用年数は一般的に5年程度と短いのですが、他のコーティングに比べて、圧倒的にコストが低く設定されているのです。例えば、「フロアコーティングには興味があるけれど、初めてで不安」という人や、「どうしても低コストで施工したい」という人、または「長く住む予定はないけれど、フローリングのコーティングはしておきたい」という人にとっては、最適なコーティング方法と言えるのです。塗装した後も補修や塗り直しが可能であるのも、依頼者にとっては嬉しい点でしょう。

一方、デメリットとして挙げられるのは、コーティング剤が乾燥するまでに1日以上かかってしまう点。特に家族が多い人にとっては、即日入居が出来ないウレタンコーティングは不便に感じるでしょう。更に塗膜剤の安全性についてもウレタンコーティングの短所と言えます。油性ウレタンコーティングでは、安全性が確立されていない揮発性有機化合物が使用される危険性があり、以前より健康面への影響が指摘されてきました。しかし近年では、揮発性有機化合物のリスクが低い水性ウレタンコーティングが一般化されており、健康面への影響もほぼ無くなってきたとも言われています。

現在人気のフロアコーティングは何か?

現況一番人気の高いコーティング法と言えるのが、UVコーティングです。ウレタン樹脂をUV照射して硬化させる最先端のコーティング法であるUVコーティング、その最大の特徴は、施工時間の速さと耐用年数の長さにあります。

他のコーティングであれば、最低数時間程度は掛かってしまう硬化時間も、UVつまり紫外線の照射だけで乾かす為、即日入居が可能。硬度も非常に高く、キズが付きにくい上、樹脂塗膜をUV照射するだけですので安全性も高い事が大きな評価となっています。耐用年数は20年から30年程と長く、施工値段はかなり高価ですが、耐用年数を考えると妥当な値段である事が分るでしょう。施工を速く済ませたい人、一回のコーティングで美しさを出来るだけ長く保ちたい人、ペットや小さな子どもがいる人にとっては非常におすすめのコーティングです。UVコーティングに次いで人気が高いのがガラスコーティング。耐用年数も安全性も高いコーティングで、ナノコンポジットという最新技術を駆使して施工されます。対応できるフローリングが幅広く、あらゆる場所でのコーティングが可能。耐用年数が20年程と長く、UVコーティング程の光沢は出ませんが、フローリングの風合いや色味を活かし、優しく仕上がります。無機化合物の液体ガラスを素材とする為、安全性の高さも評価の要因となっています。

ただし滑りやすいという特徴がある為、小さな子どもやペットがいる家庭には少し不向きな面があるかもしれません。UVコーティングもガラスコーティングも施工値段が少々高いですが、安価なコーティングを選んで再施工するリスクを負うよりも、選ぶ価値は十分あると言えます。自分に見合った最適なコーテング方法を見つけてみて下さい。

フロアコーティングの需要は増え続けているのか

住環境の変化や家族の多様性によって、ライフスタイルが大きく変化してきました。それに伴い、フロアコーティングは、今後増々需要性が伸びていくと考えられます。

フローリングは他の床材と比べても比較的手入れをしやすい床材ですが、それでも数年経てば変色や汚れが目立ってきます。毎日掃除を行う事が出来れば問題ありませんが、ライフスタイルの変化に伴い、掃除や家事にかける時間が中々確保出来ないという人が増えてきました。快適な掃除メーカーや便利な掃除グッズなど、人々がいま注目しているのは、最先端のテクノロジー商品というよりもむしろ、日常の煩わしさを払拭し、時短を実現させてくれる便利な生活用品です。掃除を如何に効率良く行えるかに焦点が当たる昨今において、毎日の掃除を手軽にしてくれるフロアコーティングは、まさに打ってつけであると言えるのです。中でも小さな子どもがいたり、ペットを飼っている家庭であればフローリングが傷ついてしまったり、水が零れたり汚れがこびり付いてしまうのは必至。傷や凹みが無くても、子どもやペットの事を考えると、フローリングは常に清潔に保っていたいと思うものです。フロアコーティングを行えば、気になっていた変色や凹みをカバーしてくれるのはおろか、傷が付きにくく凹みにくい床に強化する事も可能。水が零れたり汚れがこびり付いてしまった場合、通常のフローリングであれば水拭きは中々出来ませんでしたが、コーティング後は水拭きも可能です。

ネットの普及でコーティング業者の比較や情報が幅広く得られるようになった事も、フロアコーティングの需要性を伸ばしている要因となっています。しっかりとした知識を得る事で、誤解やイメージの齟齬を防ぐ事が出来るようになりました。今後増々需要性が伸びていくであろうフロアコーティング。自分の住環境に見合った最適なコーティングが見つかると良いですね。

まとめ

フローリングの普及により、年々需要が高まっているフロアコーティング。今後更に技術が改良され、新たなコーティング方法も発明されていくかもしれません。コーティング選びで最も重視しなければならないのは、部屋や家族の条件に見合った方法を見つける事。流行や広告だけに流されずに様々な条件を考慮して、自分に合った最適なフロアコーティング見つけて下さい。

TOPへ戻る