フロアコーティングが出来ない床がある!?

床をコーティングすることで、様々なメリットがあることはお分かりいただけたと思います。ですが、中にはフロアコーティングに向かない床質のものがあるかもしれません。どういった材質のものがコーティングに向かないのでしょうか。また、最近流行っている暖房が装置されているフローリングはどうなのか、それぞれ調べて紹介していきたいと思います。

床暖房機能のついた床には施工可能か

冬の時期は特に足元から冷えることが多いので、最近の新築戸建てや新しいマンションなどには床暖房が付いていることが多くなりました。床暖房の種類はいくつかあります。電気ヒーターで暖めるタイプのもの、温水を流して温めるタイプのもの、ハイブリッド式やガスを使用しているもの、灯油を熱源にしているタイプのものもあります。熱源の種類はたくさんありますが、どれも床下に暖房機器を設置し、フローリング全体を暖めてくれるという形式は同じです。そんな、下に暖房機器が入っているフローリングをコーティングすることは可能なのでしょうか。

結論から申しますと、どのコーティング剤を使用しても問題はありません。暖房が設置されているフローリングは、普通の床材とは違うものを使用しており、暖房の熱で変形してしまわないように乾燥された材質を使っています。そのため湿気に敏感で、水分をすぐに吸収しやすいという欠点があります。その欠点を、フロアコーティングすることでカバーできるので、暖房付きのフローリングをコーティングすることはおすすめです。

しかし、暖房の熱のせいで耐久性が弱くなってしまうコーティング剤はあるようです。コーティング剤の中で耐熱性が高いとされているのが、UVコーティング剤、ウレタンコーティング剤、シリコンコーティング剤などです。床暖房の温度は25度から30度くらいが平均の設定温度です。今挙げたコーティング剤は、ウレタンで70度前後、シリコンで400度前後の温度までの耐熱性があると言われています。特にUVコーティングは、熱湯や火などにも強くコーティング剤が剥がれにくいという特徴があります。長持ちさせたいのであればUVコーティングがおすすめです。

材質によっては使えないコーティング材もある

では、床の材質によってはコーティング剤として使えないものもあるのか調べてみましょう。基本的に、柔らかい材質のフローリングだとコーティングしづらいことがあるようです。例えば、下の階に物音が響かないような防音効果のあるフローリングの材質などは柔らかいものが多いようです。柔らかい材質がコーティングに適さない理由としては、ある程度床の硬度とコーティング剤の硬度が一致していないと密着性が弱くなるという欠点があるからだそうです。

あまりにも硬度に違いが出るとうまく密着できず、すぐ剥がれてしまったり変形しやすくなってしまいます。硬度が近ければ近い程密着度は強くなり、膨張や収縮などの変形を防げるのです。しかし、素人が床の硬い、柔らかいの判別をすることは不可能です。コーティングできる材質かどうかは専門業者にきちんと確認してもらう必要があります。

信頼できる優秀な業者であれば、事前にフローリングの材質を必ずチェックしてくれるので問題ありませんが、よく確認しないまま施工に入ってしまうような業者も中にはいます。その結果、すぐにコーティング剤が剥がれてしまったり変形してしまったりというトラブルが起こりがちです。きちんとアフターフォローの一環として責任を持って修正してくれる業者であればいいですが、再施工はまた費用を請求したり綺麗に治せない業者もいます。一度塗ったコーティング剤は綺麗に剥がすことが難しく、フローリングに傷を付けてしまうこともあります。そうなるとコーティング前よりもフローリングの見た目が悪くなってしまい本末転倒です。

防音の材質にしていたり、明らかに柔らかいと感じるようなフローリングを使用している方は、必ず業者へそのことを伝え、コーティングが可能かどうかを確認してください。いい加減なチェックだけで済ますような業者は思いとどまった方がいいかもしれません。

施工業者の技術によって、コーティングできない床もあるので注意しよう

フロアコーティングできるかどうかは、実は業者の技術力によっても異なってきます。油性タイプのコーティング剤は比較的施工がしやすく、あまり高い技術力を持ち合わせていなくてもムラなく綺麗に塗ることができます。しかし、水性タイプのコーティング剤は均等に塗ることが難しく、熟練した職人の腕を必要とするほど簡単にはできない施工法です。

油性タイプは割と新しくできたコーティング剤なので、創業してから間もない会社や社歴の浅い社員でもさほど問題はないと思います。比較して水性タイプのコーティング剤は昔から使われている歴史のあるコーティング剤です。その上技術力を必要としますから、あまり若い会社などに任せるのは少し不安を感じてしまうでしょう。

技術力の高い会社かどうかは、実際の施工内容を見てみないと分からない点も多くあります。ですが施行中の様子を直接確認することは不可能ですし、素人目には分からない点も多いでしょう。ですので、やはりその会社の実績の数と内容から確認していくしかないと思います。ホームページやお客様の声から実績実例を確認し、どのようなコーティング剤を使っているのか、幅広く対応できている会社なのかをチェックしてみてください。

口コミなどもある程度参考になるでしょう。後は直接業者に問い合わせてみたり、ショールームの見学時や見積もり時などに確認してみることもおすすめです。契約を済ませた後ではなかなか確認しづらいですし、仮に確認できたとしても契約を取り消すことは困難です。契約する前にどういう会社なのかをきちんと確認するようにしましょう。

コーティングできないと仮に説明されたとしても、別の技術力の高い会社であれば引き受けてもらえることもあります。一社に留まらずに、見積もり等も含めて一度に数社へ相談してみることもひとつの方法です。

まとめ

フロアコーティングの技術力、コーティング剤の種類は年々質が高まってきています。コーティング出来ない床質というものも減ってきてはいますが、まだまだ不安な面は残っています。無理にコーティングして後悔する結果とならないように、床質や会社の技術力など、事前に確認できるところは確認するようにしましょう。

TOPへ戻る