フロアコーティング業者選びのコツ、教えます

どんな施工工事もそうですが、業者さんの腕によって仕上がりは大きく異なってきます。同じ金額を支払うのであれば、できるだけ腕のいい業者に依頼したいものです。いい加減な仕事で失敗されてしまってはたまったものではありません。では、どんな業者を選べば失敗せずに済むのでしょうか。優良な業者さんを選ぶコツ、ポイントなどをいくつか紹介したいと思いますので、是非参考にしてみてください。

まずは価格と施工実績をチェックしよう

今はほとんどの会社がホームページを作っていると思います。まずはホームページをチェックしてみましょう。ホームページには見た人が分かりやすいように、その会社の情報が色々掲載されています。情報や内容が具体的な会社であればあるほど信頼性が高いと言えるでしょう。お得であるような謳い文句ばかりで、具体的な施工内容が書かれていない会社であれば避けた方が無難かもしれません。まずはフロアコーティングの種類、料金、そしてこれまでの施工実績をチェックしてみましょう。

一言でフロアコーティングと言っても、コーティング剤の種類や施工方法など、どんどん種類の数が増えてきています。施工できる種類が多ければ最新の技術などを取り入れている業者である可能性が高いですし、イレギュラーなことにも対応できるスキルを持ち合わせているかもしれません。

次は料金のチェックです。こちらは複数の業者を比較する必要があります。極端に安すぎる設定も良くありませんし、逆に高額だからと言って安心だとも言えません。料金は平均的な適正価格を設定している会社を選ぶようにしましょう。

次は、その会社が実際に行った施工実績をチェックしましょう。施工実績はその会社の技術レベルを確認できる手段のひとつです。これまでどのような施工を行ってきているのか、自分の家のフローリングと似たような施工実績はあるかなどをチェックしましょう。コーティング剤の種類や施工の工程などを細かく記載している会社であれば、参考にもなりますし会社への信頼性も高まります。ホームページは会社の顔とも言えます。他社と比較したり格安な料金を大きくアピールするような会社ではなく、しっかりと自社の情報を開示し、実績や工程、コーティングの種類や保証内容などを明記してある会社を選ぶようにしましょう。

保証やアフターフォローが充実しているところなら安心

次に大切なのは、保証内容とアフターサービスの有無、内容です。フロアコーティングを行う業者は数多くあります。中には専門としてではなく、業務の一環、もしくは副業のような形で行っている業者もあるのです。専門業者でない限り、施工技術はもちろんのこと、保証内容などにも期待を持たない方がいいでしょう。床をコーティングするという作業は誰にでも出来る作業ではありません。かなり高い技術力が求められる作業です。他の業務と並行して行っている会社であれば、プロとしての技術力がそれほど高いとは言えないでしょう。

技術に自信がない会社はアフターサービスや保証内容などを疎かにしがちです。また、コーティングをしてからの保証期間もチェックしてみましょう。保証期間はコーティングの耐久年数、安全に過ごせる年数だと思ってください。コーティングの種類などにより期間は異なりますが、20年から30年くらいが平均的な保証期間です。保証期間が長い会社の方が、高度な技術と質の良いコーティング剤を使用している可能性が高いので、なるべく保証期間が長い会社を選ぶこともポイントのひとつです。

そして、コーティングの施工が無事終わっても後に何らかのトラブルが起こることも想定されます。その際にどの程度アフターフォローをしてもらえるのか、事前に確認しておくことも重要なポイントです。アフターサービスは全て有料だったり、一切受け付けないという会社も中にはあります。しかし、業者側のミスが後に見つかったり、生活してみて不便を感じることはよくあることです。その時にきちんと対応してくれる会社を選ぶべきです。ほとんどの会社がホームページにアフターサービスの内容を記載していると思いますが、詳しく知りたい場合は直接電話で問い合わせるなどして確認するようにしましょう。契約した後にアフターサービスが不十分であることを知っても遅いのです。

体験者の口コミもある程度は参考にすべき

もうひとつは、実際に施工してもらった施工主の体験談や口コミをチェックすることです。どういう状況でフロアコーティングを決心したのか、どんなきっかけでその会社を知ったのか、施工してもらってどうだったか、など自分が不安に思っていることや知りたい情報がそこで掴めるかもしれませんし、実際に経験した方の声を聞くことは参考になると思います。

業者を選ぶ際に技術力や料金はもちろんですが、従業員の接客態度や対応の仕方を気にする人も意外と多いのです。会社のホームページだけでは従業員の人柄までは分かりません。口コミなどには「説明がわかりやすかった」「親切に対応してくれた」など、従業員へ対する評価を書いている方も多くいますので、従業員の人柄を気にする人などにも参考になるでしょう。

しかし、体験談や口コミをすべて鵜呑みにするのではなく、参考程度に留めておきましょう。良いことしか書かれていない口コミのみを表示していたり、ライバル業者が代筆していたり、ということも考えられるからです。全てが本当のお客様の声とも限らないので、なるべく具体性が高く、読んでいて信頼できそうな内容のものを参考にするようにしましょう。

後は直接会社へ問い合わせてみたり、ショールームを設けている会社であれば見学に出向いてみたりと、自分の目と耳で確かめてみることが一番です。サンプル品や資料を送ってくれる会社もありますので、頼んでみることもおすすめです。実際にコーティングした際のイメージが掴みやすくなりますし、送付方法や添付してある送付状などから会社の雰囲気や人柄を垣間見れるかもしれません。

フロアコーティングの業者は数多くあります。自分が納得するところをじっくりと選ぶようにしましょう。

まとめ

フロアコーティングを依頼する際の業者選びは重要です。専門業者としての実績が優れていること、保証期間が長くアフターフォローがしっかりしていること、適正な料金設定をしていることなどを念頭に入れて選ぶようにしてください。施工工程や手順、コーティングの種類などについて詳しく記載していて信頼性が高かったり、問い合わせをしてみた際の対応が優れていたりと、良い業者かどうかチェックするポイントはいくつもあります。妥協せずに納得がいく業者を探してください。

TOPへ戻る