フロアコーティングの薬品は安心できるものなのか

フロアコーティングをしたいと思っていても、コーディングの際に使用される薬品は、本当に身体に対して影響が無いのでしょうか。過去に、壁紙や天井リフォームの場合に問題視されたシックハウス症候群は、フロアコーティングを行う上では何の関連性も問題もないのでしょうか。コーティングが安心と言える理由を調べてみました。これからコーティングを実施すべきか検討されている方は、是非一読下さい。

安心と言える理由は何?

いざフロアコーティングをしようとしても、気になるのは使用する薬品の安全性。せっかく床を綺麗にしたのにも関わらず、健康面で不調をきたすとなれば意味もありません。子どもやペットがいる家庭であれば、安全面には特に気をつかいたいと思うものです。コーティング剤が引き起こす症例で有名なのが、シックハウス症候群と呼ばれるもの。これは目の痛みや頭痛、吐き気などの症状が主であり、国内でも一時期問題視されていました。

フロアコーティングを行う上で特に気にしなければならないのが、このシックハウス症候群の危険性についてです。コーティングすれば確実にシックハウス症候群にかかるのか、と思われる人もいるかもしれませんが、現在使用されているコーティング剤は、身体に害を及ぼす薬品を使用していない物がほとんどで、特に大きな問題はないとされています。また、コーティング方法によっても安全性の度合は異なり、例えばガラスコーティングやUVコーティング方法であれば害が無いようですが、ウレタンコーティングは、業者によって安全性の低い薬品を使用している事もあるようです。

シックハウス症候群を引き起こす原因となるのが、揮発性有機化合物と呼ばれる物質ですが、そもそもコーティング塗膜剤に含まれている揮発性有機化合物の含有量自体が、現在では少なくて、症状を引き起こす事も稀になったと言われています。また、コーティング剤で使用される薬品は、国の認定基準が設けられていて、大抵の業者であれば、認定基準を満たしている薬品を使用していますので、安心して施行できるようです。危険な薬品を扱っていないか気になる人は、コーティング剤の安全性について説明しているホームページなどを検索して利用するほうが安心です。

コーティング剤のニオイはどうなのか

フロアコーティングの安全性が証明できたとしても、問題点が一つあります。それはコーティング後の臭い残りについて。施行した人の中にも臭いを難点として挙げる人がかなりの割合でいました。日常過ごす家の中の工事だからこそ、臭気が残ると、どうしてもデメリットとして捉えてしまいます。臭いに関する口コミとして、最も多かったのが、施工後に薬品臭が部屋中に充満していた、というもの。臭いが強すぎる場合、体調が悪くなるといった事もあるようで、コーティングを行えば、少なからず臭い残りがあるものだと思っていたほうが良さそうです。

ただし、臭いと一口に言っても、コーティングの種類によって結果も異なるようです。コーティングには大きく分けて4種類存在します。1つ目はガラスコーティング、2つ目はシリコンコーティング、3つ目はウレタンコーティング、4つ目はUVコーティングです。大きな特徴を挙げると、ガラスコーティングは耐久性や耐年数が高く、仕上がりは最も艶が出ますが、硬化までに時間がかかり、値段も若干に高いという点があります。シリコンは耐アンモニア性、揮発性に優れ、比較的安全なコーティングでありますが、耐久性や耐年数が弱いとされています。ウレタンはコーティング方法の中で最も歴史が古く、摩擦に対する強さに定評があり、安価に施工が出来ますが、薬品の安全性が脆弱であったり、コーティングが剥がれやすいなどの特徴があります。

そして現在、最先端のコーティング方法として注目を集めているのがUVコーティング。耐久性や安全性、耐年数も全ての水準が高く、臭いが最も気にならないと言われています。高度な技術なので施工可能な業者が限られていますし、値段も高いという特徴があります。

安心だからこそ多くの場所で使われている

フロアコーティングを施行する人の割合が伸びてはきているものの、まだ全ての場所でコーティングという方法が選択されているわけではない現実もあります。コーティングをしたことがないという人の中には、先にも挙げたようにシックハウス症候群を引き起すような薬品の危険性があるのではないかと考えている方も少なくありません。またワックスと比べると値段が高いというのも、フロアコーティングが敬遠される理由に挙げられます。

確かにフロアコーティングはワックスの料金に比べるとまだまだ高く、安くても10万円前後かかるというケースがほとんどです。値段はコーティングの種類と施工面積によっても大きく異なります。しかし、半年に一度塗り替えを行わなければならないワックスに比べると、フロアコーティングは20年程使えて、手入れが不要となる為、のちのちかかるコストを考えると、フロアコーティングの方がかなりお得である事が分かります。業者も日々取り扱うコーティング剤が有害な薬品であれば、その分リスクを負う事になりますから、できる限り安全な薬品を使用している筈です。更に一般の人のコーティングへの意識が高まるに連れ、薬品の安全性や性能も年々向上しています。

小さな子どもさんや、ペットがいる家庭であっても十分安心して利用できるでしょう。性能が進歩するに従って、従来ではフローリングだけと考えがちであったコーティングも、近年では様々な場所で施工も可能となりました。例えばキッチンや浴室、ガラス窓といった場所にもコーティングが可能であり、防サビや防キズ、耐熱や抗菌といった隅々まで行き届くケアも、コーティングの技術を駆使する事で可能となりました。今後も増々技術の進歩に期待がかかっています。

まとめ

現在使用されているフロアコーティング剤の殆どが、アレルギーやシックハウス症候群を引き起こす程の身体への影響が大きなものではなくなっています。また、年々社会的にも健康への意識が高まっている現状から、塗膜剤の安全性への基準は非常に高く設定されるようになりました。住宅以外にも多くの人が行き交う店舗や病院、幼稚園といった様々な場所で使われているなど、昨今使用されているフロアコーティングは安全であると言えるでしょう。

TOPへ戻る