格安・激安でフロアコーティングするためのポイント

一戸建て住宅はもちろんマンションの資産価値を損なわない為、また家族やペットとの快適な生活の為にフロアコーティングはとても価値のある施工です。しかし一般的に、最も高価なコーティング施工であるUVコーティングでは、1平米あたり5000円程度の予算が必要です。

全ての部屋を施工しようとすると、少なくとも30万円から60万円程度必要になります。住宅の購入費用やローン、他にも様々な面でお金が必要な中、その必要性は理解しても即決できない人も多いでしょう。

でも業者選びや素材選び、またどこまでを業者に依頼するのかなど、工夫できるポイントがあるのです。できるだけ低予算で行う方法をいくつか紹介します。

他のリフォームとセットにする

大切な資産である住宅の価値を落とさずに長く住み続ける為には、適切な時期に適切な修繕が必要です。一戸建て住宅であれば、屋根の修復や外壁の修復、塗装の塗り直しなどが、新築時から10年以内に必要になる場合もあるでしょう。

他にもお風呂やトイレなどの水回りをはじめ、油ハネなど様々な汚れの出るキッチンでは、防汚性や防湿性の高い機能面で優れた素材が使用されていますが、それでも使用頻度や使い方によっては想定よりも早くに修繕の必要性に迫られることもあります。

家族構成やライフスタイルの変化に伴う間取りの変更にバリアフリー対応など、人が快適で安心して暮らせる空間を保つ為には、定期的なメンテナンスが不可欠なのです。フロアコーティングも、そんな快適で不動産としての資産価値も保つメンテナンスの一環と考えるととても有用です。

しかし決して安価ではないその費用に、施工をためらう人も多いはずです。屋根や外壁、水回りのメンテナンスと比較すると、その優先度や必要性からどうしても後回しになったり諦めてしまうこともうなずけます。そもそもメンテナンスは、少しでも新築もしくは新品に近い状態を保つことで、長期的に見れば出費を抑えることができるものです。

その為フローリングも数十年間生活する空間であることを考えると、セルフメンテナンスだけでは限界があると言えます。それでは少しでもフロアコーティングの費用を抑えるにはどうすればいいでしょうか。

ひとつには、フロアコーティングを検討する際に、住居の他のリフォームやメンテナンンスも一緒に依頼するという方法があります。フロアコーティングの場合、その費用の大部分は工賃です。例えばフローリングやクロスの張り替え、またはキッチン回りの中でも定期的なメンテナンスが重要な換気扇など、将来的に必要になるリフォームを少し前倒して施工を発注するのです。そうすることで業者側の収益確保につながり、フロアコーティング単体で見た場合に低予算での施工が実現しやすくなります。

なるべく安いコーティングにする

長く快適空間で生活する為には、できれば全ての部屋にフロアコーティングを施工し、すこしでも良い状態を保ちながら普段のお手入れを楽にしたいものです。しかし先に紹介した通り、その費用に二の足を踏んでしまうこともあります。

他にリフォームしたい箇所がある場合は、同じタイミングで依頼することで格安に依頼できることもお伝えしました。しかし新築物件への入居の場合や他のリフォームの予定の無い場合にはどのような方法で格安なコーティングを実現できるでしょうか。

実はひとくちにフロアコーティングと言っても、いくつかの種類があります。一般的に最も安価な種類では水性アクリルコーティングがあります。また機能面や耐用年数などで最もすぐれた性能のコーティングにはUVコーティングがあります。他にもウレタンコーティングやガラスコーティング、シリコンコーティングなど様々な種類があり、その機能や費用も様々ですので、間取りや使用頻度、家族構成などに応じて選びましょう。

価格相場では最も安価なアクリルコーティングは、1平米あたり1000円程度とハードルが低めで、例えば3LDK程の間取りなら7、8万円程度で施工できます。ただしこれは一般的なワックスにあたるもので、その耐用年数は2、3年程度です。

また通常、最も高価であるUVコーティングやガラスコーティングでは1平米あたり5000円程度、3LDK程度の床面積に施工すると40万円弱程度の予算が必要です。UVコーティングは20年から30年以上、ガラスコーティングも20年程度その効果が持続しますので、コストパフォーマンスで考えればこれらの方が割安です。

しかし予算に限りがある場合は、得られる効果とのバランスを考考慮し、どのタイプで施工するのかを考えるのも方法としてはありです。とりあえず予算の面で導入しやすいコーティングを施工し、例えば子育てがひと段落して教育費がかからなくなってからとか、子どもが就職したらなど先を見据えて段階的にコーティングをすることも可能です。大切なのは少しずつでもメンテナンスを継続していくことです。

自分でコーティングを行う

フロアコーティングを格安に行うコツはいくつかありますが、最も格安なのはやはりDIYでしょう。業者に施行を依頼する場合の費用には工賃が含まれていて、作業をする人が増えればそれだけ人件費がかかります。もちろんプロによる仕事なのできれいな仕上がりが期待できますが、低予算で仕上げたい場合は思いきって自分で頑張ってみるのはどうでしょうか。

今はホームセンターに様々な種類の材料や道具が売っていますし、中にはプロ仕様のものや業務用のものをあつかう本格的な店もあります。仕上がりはほどほどでも良いという方には自宅の床に愛着が湧きますし、例えプロによる完璧な仕上がりではなくてもそれを我が家だけの味や雰囲気ととらえられるならおすすめです。

方法は簡単で、ホームセンターや通販で材料と道具を揃えるところから始めましょう。大まかに必要なものは、コーティング材を塗布するための専用モップにコーティング材、養生テープなどです。コーティング材の種類は豊富にあり、DIYでも扱いやすいワックス材が主流ではありますが、中には扱いやすく配合されたガラスコーティング材もありますし、ネット通販などでは業務用のコーティング材もあります。自分の技術やセンス、使える時間などを総合的に判断して無理なく扱えそうなコーティング材を選ぶことが大切です。

コーティングの手順は、第一に床をきれいに掃除するところから始めます。髪の毛やほこりなどをきちんと取り除いたら、食器用洗剤などの中性洗剤を使い床の油汚れをきれいにします。2回以上水拭きして洗剤を完全に拭き取ったら、もう一度仕上げの水拭きをして乾かし下準備の完了です。

床が乾いたら必要箇所を養生テープで保護し専用モップを使ってコーティング材を少しずつ塗り広げます。あまりゆっくりと塗っていると少しずつ乾燥し始めてしまい塗りムラの原因になるため、手早く手を止めずに行うことがコツです。あとはパッケージ通りの乾燥時間を待ちますが、湿度が低く室温が高い方が乾燥が早いので季節などを考慮し施工行すると良いでしょう。

まとめ

フローリングや床材を少しでも長くきれいな状態に保つには、日々の地道が手入れが不可欠です。フロアコーティングはそのための方法のひとつですが、その費用は決して安価ではありません。しかし工夫次第で予算内でコーティング施工することもできます。高い機能性や耐久性だけにとらわれず、出せる予算と自分の求める効果とのバランスを見極めたお手入れをすることが大切です。

その為には業者に依頼する施工だけでなく、DIYも候補のひとつとして検討してみましょう。完璧で傷ひとつないフローリングも素敵ですが、少しくらい素人っぽさが出ていても手をかけて自分らしさの滲み出た部屋も素敵なものです。

TOPへ戻る